2021年4月以降の使用プール

2021年4月より山科のラクトスポーツプラザが無期限休止(案内こちら)となります。

これに伴い当教室でも4月以降ラクトスポーツプラザでの活動が出来ません。ラクト休止の措置としまして、当教室では京都滋賀の他の公共プールでレッスン受付とします。ラクトは再開の目途が立っておりませんが、今後再開の折には基本的にこれまで通りのスケジュールで山科ラクトスポーツプラザでのレッスン受付を再開いたします。

_______

平日使用プール

・向日市民プール(向日市)
・京都アクアリーナ(西京極)
・におの浜ふれあいスポーツセンター(膳所)

土日使用プール

・向日市民プール?(予定)
・におの浜ふれあいスポーツセンター(膳所)
・皇子が丘温水プール(未定)

_______

今後、当教室の進展がありましたらこちらのページか教室HPホームにてお知らせいたしますので、随時チェックいただくか個別にお問合せ願います。

皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

水泳個別指導 京都滋賀

代表 千葉隆礼

 

Q&A 第8回

Q 近くのスイミングスクールの一般コースに子供を通わせていますが、なかなか上達しません。何が原因かよくわからないので困っています。マンツーマンレッスン受講希望ですが、希望の時間帯はキャンセル待ちとのことなので検討中です。

A 解決する方法を簡潔に言い表すと「十分な練習時間の中で適切な練習を行う」必要があります。

具体例:

「指導者側がイメージしている目標地点を生徒自身もイメージ出来るように伝えているか」

「生徒側がお話を聞いて、内容をつかむ(子供が出来る範囲で可)」(*1)

「今からやる練習にはどんな狙いがあるのか、そのためにはどんなことに注意・意識して練習するのか生徒側が把握する(子供が出来る範囲で可)」(*2)

「生徒がその“ねらい”やポイントを意識しながら泳ぐ(子供が出来るレベルで可)」(*3)

「指導者が伝えた内容を生徒がある程度理解していて、その方向に向かって生徒が練習出来ているか確認しながら指導する」

「練習の狙い通りに生徒が動いていない場合は、指導者が別の伝え方や練習方法を選択する」


 集団指導ではおそらくマニュアルや集団の平均値に合わせてレッスンを進行していると思います。集団の平均値に合わせた指導が問題ない場合は、上の*1,*2,*3のうちどれかが上手くいっていないのかもしれません。実際にお子さんの練習風景を見たことが無いので断言できませんが、話を聞いている雰囲気があるものの実際には半分以上を理解していない場合もござます。「今日はどんなことに注意して練習したの?」と質問して「・・・???」とまともな返答がない場合は講師の話を聞いている素振りだけかもしれません(自信が無い場合も有る)。「おへそを見た(頭を入れた)」という返答の場合…実際に観覧席から泳ぎを見た時に「そうは言っているものの頭が出ているな」と感じたら、お子さんがその場を取り繕う返事をしているのかもしれません。ですが、この場合は「泳ぐ時には頭を入れる」というオヨギのポイントは記憶にあるということなので、*3の「 “ねらい”やポイントを意識しながら泳ぐ」ということが出来ていないのかもしれません。その場合は泳ぐことに夢中になりすぎていて”頭をつかって考えて練習する”という事が出来ていないのかもしれません。 ”頭をつかって練習する”というのはその場の環境や雰囲気に左右される場合もあります(*4)。泳力を伸ばすことも大切ですが、練習する際の”心構え”が育っていないと、どこかの段階で停滞するケースが多いです。

  当教室に通うことが難しい場合は、ご家族さんとお近くのプールで練習されることをおススメします。実際に読者のお子さんと練習したことが無いので断言できませんが、上記をお子さんに強制しても継続的な上達は難しいと思います。。「この時はどうするの?」と質問を交えながら「今のこういう動きだったよ」と褒めたり否定したりせずに見たままを伝えると徐々に本人さんの意識が変わってくるかもしれません。何度か練習するうちにお子さんのオヨギにほんのわずかな変化がありましたら即座にその時の様子を伝えてあげてください。その時に「今のどうやったの?(幼児さんの場合は…どんなワザを使ったの?)」。答えない場合は「ねぇ~ねぇ~!教えてよ~ズルいよ~自分だけの秘密にしないでよ~~」と迫るとお子さんは何だか照れ臭い、でも自分が特別なワザを持っているのだとちょっと得意げになるでしょう。そういうやりとりの中で オヨギに対する「気づき」があれば、大きな一歩になると思います。(お子さんの性格や親子・指導者との関係にもよります)

 ご家族さんで練習される場合、最初のうちは親子の甘えがあるので集中が続かないと思います。初回の練習日に「60分は練習をしよう!」と意気込むのではなく、まずは幼児・小学低学年であれば10分,高学年は20分の練習から始めてください。もちろん時間が来れば自由(*5)にさせてあげてください。そこから練習回数奇数回ごとに5分ほど練習時間を長くしていくと中・長期的に練習が出来ると思います。ドカンと1発みっちりと練習させて「もう、プールに行きたくない!」と断固拒否されプールに行かなくなると上達はストップします。ちょっとグズるけど練習後の自由時間の期待感からプールに足を運んでくれるだけで「こちらの思惑通り」としましょう。…これは妥協ですが、プールに足を運んでくれれば、満点のうち半数以上を得た・・・つまり“勝ち”ではないでしょうか。

(*4)水泳は力尽くで出来るスポーツではありません。技術的要素の強いスポーツですので、 ”頭をつかって練習する”というのが継続的なレベルアップに必要です。

(*5)公共のプールは自由コースであっても“マナー”が存在します。遊園地などのレジャープールで無い限り他の練習者の邪魔にならないよう右側通行を守って自由にお過ごしください。これは監視員に注意されなくともマナーが存在します。プール監視員は、雇用者によるスタッフ教育が充分でない場合が多く、案山子(カカシ)状態の監視員もいらっしゃいます。公共プールの場合はどんな運営内容であっても行政からの契約金はほぼ一定額と予想され、出来高制で無い限り業務内容を良くしていくという雰囲気が無い管理会社も存在します。ベテランの様に見える監視員であっても“プールを見てるだけ”の方も一定数いらっしゃるので保護者の方の安全管理は必須です。他の方と事故を起こして金銭が絡むトラブルに発展しないようにお気を付けください。

 

水泳の個別指導教室

京都・滋賀

千葉隆礼

2月以降の火曜単発レッスン(千葉)

ご覧いただきありがとうございます。

以下は講師:千葉による単発レッスン枠についての時間帯変更のお知らせです。

2021年2月より火曜日の単発レッスンの時間帯変更を行います。

「21年1月以前」
17:40~ 「山科ラクト」
19:00~ 「山科ラクト」
20:20~ 「山科ラクト」

「21年2月以降」
17:30~ 「山科ラクト」
18:45~ 「山科ラクト」
20:00~ 「山科ラクト」
*20時以降は緊急事態宣言発令解除後の募集

 

上は緊急事態宣言によるプール短縮営業を受けて変更を行いました。今後、緊急事態宣言発令解除がなされても変更後のレッスン時間枠での募集を行います。よろしくお願いいたします。

水泳の個別指導教室 京都・滋賀

千葉隆礼

 

 

 

 

2021年1月緊急事態宣言発令後の対応について

2021年1月緊急事態宣言発令後の対応について

今回の緊急事態宣言は飲食店を中心とした営業時間短縮を目的としているようです。

当教室の対応としては公共プール施設の営業時間短縮や休館が無い限りは予定通りレッスンを行います。公共プールは市や府が管理運営していますので、レッスンの休講判断は市や府の営業時間短縮や施設休館の判断に委ねます(ただし、行政からの要請や協力金支給がある場合を除く)

現時点で行政から当教室への営業時間短縮の要請はございません。京都府のコールセンターに電話相談しましたが、飲食店での営業時間短縮が中心との回答を得ております。また、進展がございましたらこちらのページかブログ・お知らせでご案内いたします。

京都府のページ→
新型コロナウイルス感染拡大防止のための京都府における緊急事態措置について

 

2021・01・13 10:59


京都府のプールは営業時間が20時までと短縮になりました。20時以降のレッスンについては振替・休講とさせいただき、他のレッスンに関しては一部短縮とさせていただきます。上記、必要の場合に応じて個別に連絡いたしました。

2021・01・16


緊急事態宣言発令延長となりました。

京都府のプールは3/7まで営業時間~20時と短縮営業になりました。20時以降のレッスンについては振替or休講とさせいただき、他のレッスンに関しては一部短縮とさせていただきます。曜日によってはレッスンスケジュールに若干の変更をお願いしました。上記、必要の場合に応じて個別に連絡いたしました。

2021・02・06


代表 千葉隆礼

今年最後の投稿

ブログをご覧いただきありがとうございます。

当教室のレッスンは12/28が2020年最後のレッスンとなります。今年は2月末からコロナ騒動の影響で3か月もの間、水泳レッスンが出来なかった地域もございます。未だにコロナの脅威は衰えることなく我々に不自由さを与えます。

今年は秋頃から新規受講生の問い合わせがジワジワと増え始めました。大変ありがたいことです。ですが、マスクの習慣からお互いが講師や保護者の素顔を近くで見る機会はあまりありませんでした。今年はとても“不思議な世界”でした。

当教室はこれまでも何度か活動継続が危うい時期がございました。その度に保護者の方から励ましのお言葉をいただいております。今年も例外ではありません。講師へ心配の声をかけていただく保護者の方、プールが臨時休館の際にはいち早く連絡をいただきました。生徒までが「先生の教室って今は生徒全員で何人?どんくらい減ったん?」などとなかなかストレートな表現で我々を気遣っていただき、そのようなご期待に応えることが出来ているのか不安でもありました。

また、今年は各行政機関からのコロナに関連する補助や援助金をいただきました。既定の実施期間に事業を行うことが出来ず、採択されたものの残念ながら補助金事業廃止となったものもありますが、このような未曽有の状況下で行政から手を差し伸べていただけたことは教室継続のエネルギーとなりました。

水泳が出来るのは“平和”が必要条件です。スポーツを通して教室運営できる環境に改めて感謝します。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
今年もありがとうございました。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀