定期グループ

定期グループレッスン

■最大人数:3名
(泳力・年齢により2名までの場合あり)

対象:幼児,小学生,中学生

■開催曜日・場所:月「大津」,水・木「山科」

■レッスン回数:月4回,基本的に毎週同じ時間・場所で行います。

■レッスン休み:基本的に第5週目休み
 *祝日休み5週目振替レッスンの場合有り。事前に連絡します。

レッスン時間:1レッスン約50分

担当講師:千葉

ご兄弟や他の生徒さんと一緒に練習します。

お一人での申込み可能です。

レッスン料以外の必要費用:本人入場料,振込手数料,ロッカー代,駐車場代,保険料など…

■概要■

コツコツと継続して水泳の技術習得をします。グチャグチャでも良いから25m泳げれば良いという方はスイミングスクールに通われることを推奨します。

〜受講に向いている方〜

■ラクでキレイな泳ぎを身につけさせたい
■水泳の理屈も少しずつ理解してもらいたい
■お子さんに「水泳=特技」と言えるまで習得してもらいたい
■(運動が苦手だから)集団指導が合わないだろう
■息子or娘にマニュアル的指導を受けさせたくない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 まず最初は水泳の呼吸法やバタ足などから練習をしますが、お子さんにはどのようなことを考えて練習するか…何を意識して泳ぐ…そういった練習の際の心構えを身につけていただきます。オヨギの理屈を正しく理解し、適切な練習を行うと正しい方向へ成長するでしょう。たとえ、大きな壁が目の前に立ちはだかっても1つずつ乗り越えることが出来るようになります。ただ単に、やみくもガムシャラに練習する習慣が身についてしまうと、そのうち成長が頭打ちになる時期がやってくるでしょう。練習への心構えが適切であると将来的に難題と出くわした時に乗り越える素養となります。

 レッスンでは「なんで、この動きになるかな?」「どんなことを考えて泳いでみた?」など生徒が自ら答える時間をつくるよう心がけています。水泳は技術のスポーツですので、どういった考えのもと練習しているか把握するためでもあります。習慣づけるのは簡単ではありませんが、常日頃から頭を使って練習してもらいたいと思っています。足や腕だけで無く、脳ミソも働かせて全身運動しましょう。

 教室の卒業生含めた定期レッスン生の約40%が1000m遠泳を達成しています(20202月現在)。このことからお分かりかと思いますが初心者のうちは「ラクに泳げる」ことを意識して練習しています。ある程度、ラクに泳げるようになればスピードを出して泳いだり4泳法以外の新しい泳法にもチャレンジします。

■習得時期・時間例■

 小1春から習い始めたお子さんの場合、「運動神経が中程度・水に慣れている」であれば小2にはクロール25m泳げ、平泳ぎ習得に差し掛かっている頃です。小3には正しいフォームで平泳ぎが泳げ、小4の終わり頃には両腕が水面上にしっかりと上がった「カッコイイバタフライ」を習得出来るようになります。また、この頃には顔上げ平泳ぎや立泳ぎなども習得出来ているケースもあります。もちろん本人の興味関心があれば1000m遠泳も達成しているでしょう。運動神経が良く素直なお子さんですと習得時期は半年〜1年短いと思われます。反対に運動が苦手ですとさらに1年以上習得に時間がかかります。陸上運動が苦手でも体質的に浮きやすいのであれば、水泳が得意or好きになるケースもありますので、「うちの子はクラスで一番スポーツが出来ないから水泳もダメだ」と決めつける前にご興味がありましたら一度体験に来て下さい。
*定期レッスンのみ体験レッスン可能。

■クロール習得の次は背泳ぎか?平泳ぎか?■

 よく聞かれますが、基本的にクロール・平泳ぎに重点を置いて指導しております。大人になった際にどんな泳ぎをするか?ということを考えると市民プールなどでよく見かける泳ぎはクロールか平泳ぎが圧倒的に多いです。背泳は前方の確認が難しく、他者と接触しやすいという点から大人の一般スイマーの間ではあまり泳がれていないと思います。(・・・ですが、水難事故の際は背浮きが必要になりますので、最低限の背泳習得は必要だと思います。)また、80才以上になると足腰が弱り陸上での運動が困難になります。さらに首が回らなくなりクロールや平泳ぎが困難になります。その場合によく泳がれるのが背泳です。8090才になるとクロール・平泳ぎではなく背泳を頻繁に泳ぐようになると予想します。その年齢になってから習得すれば良いと思われがちですが、その場合、習得までに多くの時間が必要になり、さらには「習得したい」という気力も若い時に比べると衰えているはずです。子供のうちから背泳を習得すれば困ることはないでしょう。
 多くの場合、クロールの次は平泳ぎ習得と考えていますが、バタ足が苦手なお子さんの場合はクロール習得後に(バタ足の復習も兼ねて)背泳を練習してもらうケースもあります。

■バタフライについて■

 バタフライで「楽に泳ぐ」ことは大変大変難しいことです。まずは息が上がっていない時の251本だけで構いませんので、カッコイイ泳ぎを習得してもらいたいと思います。私が思うカッコイイバタフライは両腕を大きく広げ水面に着くこと無く前方に戻るオヨギのことを指します。文字通り蝶々の様に飛んでもらいたいです。
 運動が大変大変苦手なお子さんにはバタフライを習得しなくとも良いと思っております。本人の趣味嗜好に任せても良いと思います。そのかわり顔上げ平泳ぎを習得したほうが、実用的だと思っています。
 未だかつてそのレベルに到達した生徒はおりませんが、私が昔挑戦していた長時間長距離バタフライを習得する小学生は現れないものかと淡い淡い期待もございます。1000mバタフライを達成すれば大したものです。ロマンですが♪

その他、教室の特徴や内容については
ホーム ・ 教室案内
などもご覧ください。

水泳 個別指導 京都 滋賀

千葉隆礼