単発受講生保護者の方へ

毎月、受講いただきありがとうございます。

毎月20日頃(*)にご予約状況ページにてスケジュールを掲載しておりますが、掲載当日の朝から予約をいただいております。

毎月掲載日の朝は予約が何件か集中するため、予め用意している定型文を用いながら返信しております。HPの更新作業を迅速に行いながらミスの無いように気を配っています。

毎月ご予約をいただくことは大変ありがたいことです。ですが、当日の朝は迅速な作業を要求されますので、どうしてもご予約の返信文が機械的で若干不躾となってしまいます。予めご理解いただけるとありがたいです。

*受付できない日には20日以降となります。20日を過ぎる場合はHPホーム画面に予め掲載いたします。

山科のレッスン場について

〜2019年4月以降、山科でのレッスン場所の入場方法ご注意〜

山科でのレッスン受講生にご連絡です。

3月末で施設内北側の大丸のみが営業終了となります。それに伴い北側の出入り口が使用できない?恐れがございます。ご注意ください。

入場口は南側出入り口からお入りいただくのが良いでしょう(お車の方は南側エレベーターから)。
*また、朝の時間帯は南側出入り口しか使用できません。

南側出入り口は 三条通り と 外環状線通りとの交差点北西にあります。南側出口を入って左手にエレベーターがございますので、それを利用し5階受付まで上がれます。



〜今年の秋頃?山科のスポーツ施設休館?〜

今年の秋頃に山科のスポーツ施設が設備更新のため休館になるとの情報があります。まだ、決定事項では無いようですが、その場合は2ヶ月間ほどレッスンが出来ない場合もございます。その場合、教室をお休みいただくか、別のプールでレッスン受講いただくか・・・

こちらはまだ未定ですが別のプールをコース借りして集団レッスンを行う予定です(安全を確保できるお子さんのみ)。

情報元は市のHPより→コチラ(No.107,108)

定期受講生徒募集(2019年度)

2019年3月現在定期受講生徒を募集しております。
*定期受講講座の担当は講師:千葉のみとなります。

現在、月・水・木曜共に若干名募集中です。お一人でもお申込み出来ますが、他の生徒とのグループレッスンになる場合がございます。ただし、他のグループ生徒との泳力バランスも考慮しますので、受講いただけない場合もございます。予めご了承ください。定期受講の体験レッスン希望の方はその旨を添えてご連絡ください。
 2019年4月以降に現受講生徒の教室卒業見込みが数名おられますので、キャンセル待ちいただけると確実です。(定期受講希望のみキャンセル料を頂いておりません。←キャンセル待ちのキャンセルは無料。)

下記、ご参考いただき受講希望の方はお問い合わせページからご連絡ください。

■月曜→レッスン場所:におの浜(19:40〜)
 *グループ受講・マンツーマンいずれも可

■水曜→レッスン場所:山科  (16:15〜,17:30〜,18:45〜)
 *グループ受講のみ

■木曜→レッスン場所:山科  (17:30〜)
 *グループ受講のみ,小4以上のみ

■土曜→レッスン場所:大津  (13:00〜

■火曜,日曜に関しては単発受講のみの受付となります。(レッスン場所:向日市,山科,大津)

よろしくお願いいたします

折込チラシについて

チラシをご覧の皆様へ。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀の教室ホームページでございます。ご覧いただきありがとうございます。
教室についてのお問合わせはチラシ記載の電話番号かお問い合わせページからご連絡お願いいたします。

教室代表 千葉隆礼

水泳克服体験談 第7回

Y.R

 僕は4年のころ千葉先生に出会うまで水泳は大きらいでした。そのころ僕はなんと、何の泳ぎ方もしらず、バタ足で4m80㎝しか泳げず、とてもはずかしくて、引け目を感じていました。そのときは水泳をあきらめていました。でも学校で、25m泳げない人は、夏休みに学校で練習しなければなりません。それを知った僕はあせって何が何でも25m泳ぐと無我夢中で泳いでいましたが、泳げませんでした。そんな中ある日あばあちゃんが水泳個人レッスンのチラシをもってきてくれ、それをきっかけとして千葉先生に習い始めました。習っていると先生はおもしろくわかりやすかったので、みるみるうちに上達していきました。少しずつ記録をのばしていき、習いはじめから五ヶ月後の三月十九日(僕の誕生日)にクロール1000mを泳ぎきりました。あのときの達成感とうれしさは、1年たっても忘れられません。努力してかなわないものはないと思います。水泳が不得手な人は多いと思います。ぜひこの教室で正しい泳ぎ方を覚えて、達成感を味わって下さい。

千葉より

 Y.Rくんのクロール1000m達成を皮切りに長距離に挑戦する元水泳苦手な生徒がチラホラ出てきました。最終的には本人の自主自発の気持ちからクロール1000mを達成していると感じます。私が手助けしたことと言えばクロール25m泳げるようになる・・・ということぐらいでしょうか。クロール1000m挑戦中の小1時間にも及ぶ激闘の中、私は泳いだ距離をカウントしながら目の前のドラマティックな光景にいつも感動しております。マイナスからのスタートですから・・・目の前でおきている逆転劇に感動しないはずがありません。

 Y.Rくんはクロール25m泳げるようになってからでしょうか。いつも練習終盤に「何m泳げるか挑戦してみる!」と言って数百m泳ぐ時期がありましたね。毎回すこしずつ距離をのばして、ある日500m以上泳げたときがあり「1000m泳ぐのも時間の問題だな・・・」と思っていました。今ではクロール・平泳ぎ・背泳ぎを習得し、さらに新しい泳ぎにも挑戦中ですね。

 今度は兄:平泳ぎ1000m,妹:クロール1000mですかね(笑)