数種のンと恵子さんとアンパンマン2


~戸田恵子さんとAIに助けられる~

*この投稿は「数種のンと恵子さんとアンパンマン1」を先にご覧ください。

“座礁”から数か月経ち、ふとしたキッカケでネットの記事を目にします。それは、とある上場スイミングスクールさんのネットマガジンです。その記事では「メロン」という言葉を例に鼻ブクブクについてレクチャーしています。でも、メロンもミカンと同じく語末の「ン」で口を閉じない発音のはずです。

そこで、もう一度「ン」についてネットを隈なく調べつくすことにしました。

するとこういう記事がヒットしました。
「ん」は、どう発音しますか(text: 韓喜善)

その中で、ある小見出しが私の心にヒットします。「強調したい時に、強く閉じる」

強調して…??!

…あっ、これかも!って思いました。

「元気100倍!アンパンマン!」

気だるそうに「あんぱんまぁん」って言うと口を閉じない発音のように感じますが、「元気100倍!アンパンマン!」と元気に“名乗り”を行うと口をしっかりと閉じるかもって…

でも、まだ確証がありません。だって、アンパンマンは発音辞典に載っていませんから…じゃあ、何を以って確証を得ることが出来るのか?

…あっ、そうだ!アンパンマンを担当する声優の戸田恵子さんだ!

それから、YouTubeの戸田恵子さんの動画を漁りまくり、映画の記者会見の様子やアフレコドキュメント映像などを見まくりました。ですが、戸田さんが「元気100倍!アンパンマン!」と発言しているシーンがどこにも無いんです。どの映画の記者会見を見ても戸田恵子さんが「元気100倍!アンパンマン!」とあの有名なセリフを口にするシーンがありません。おそらくですが、子供の夢を壊さぬようにという戸田恵子さんのポリシーがあるのかもしれません。そう思わせるほどに、どこを探してもありませんでした。この問題は再び座礁するかと思いました。。。

すると、それを察知したかのようにAIが
ミラクルひかる アンパンマン

という動画を薦めてきました。15秒という短い動画でしたが、確かにミラクルひかるさんは「アンパンマン」の最後の「ン」で口をしっかりと閉じています。飛び上がるほどに嬉しかったです。。。いや、でも、本物の口元を見てみたい!戸田恵子さんの「元気100倍!アンパンマン!」が見たい!!

すると、AIが再度おススメ動画を表示してくれます。
ミラクルひかる アンパンマン 本物比較 ものまね モノマネ

見てみると、恵子さんのアフレコ映像とミラクルさんの映像が交互に出てくる動画でした。

うわ!!これ!!最高!!

長年私を悩ませてきた「ン~~鼻ブクブク問題」が解決されました。戸田恵子さんは“名乗り”の「元気100倍!アンパンマン!」で最後の「ン」をしっかりと口を閉じて発音しています。長年の疑問が解けたことで私の目から涙が出てきました。

鼻ブクブクの指導に適した単語はミカンでもメロンでもなく「アンパンマン」。しかも、最後の「ン」に行きつくまで強制的に口を閉じて「ン」と発音する箇所が2つある。何て素晴らしい単語なのだろう。さらに、全ての子供たちが知っているアンパンマン…やなせ先生は水泳の鼻ブクブクを見据えて例のキャラクターに「アンパンマン」と名付けたのではないか?!そんな気さえします。やなせ先生!戸田恵子さん!ありがとう!

最後に「ポケモン」はどうかな?と思って、声優の松本梨香さんの動画もいくつか見ました。めざせポケモンマスターという歌の冒頭に「ポケモン!ゲットだぜぇ!」という有名なセリフが入ります。松本梨香さんの口元を何度もジッと見ましたが、「ン」で口は閉じていません。もしかしたらですが、「ン」の後ろにくる「ゲ」に引っ張られて口を閉じない発音になっているのかもしれません。(ポケモン!単体だと口を閉じるのかも?しれません)
【MV】めざせポケモンマスター 松本梨香(サトシ役) × ESPOIR TRIBE

THE FIRST TAKE ver.が数倍カッコいいですが、口元が良く見えるのは↑です。)

…サトシ、かっこエエ!僕はリコでもロイでも無く、やっぱサトシや。

最後に、長年の疑問を解消してくださったリンク先の方々、ありがとうございました。子供の水泳指導に大きく役立たせていただきます。

「元気100倍!アンパンマン~~~~~~」

 

 

 

 

 

 

おわり

千葉隆礼

 

 

数種のンと恵子さんとアンパンマン1

~「ン」で数年の座礁~

過去の投稿にも少し触れていますが、私は「ン」の発音に何年も悩まされてきました。

というのも水泳の初級指導で鼻からブクブクをするという動作があります。その指導法の一つに、語末に「ン」がつく言葉を伸ばして鼻からブクブクにつなげるというものがあります。例えば「ミカン~~」と言いながら潜り、その流れで鼻からブクブクを出します。
(*)上級者がリラックスして泳げば口をポカ~ンと開けたまま鼻からブクブクするケースもありますが、ここでは初心者(幼児~小学生)に鼻からブクブクをする動作を意識させるために口を閉じてブクブクをする指導法を想定しています。

でも、(個人的に調べた限りでは)どうやら日本語の「ン」の発音には3~6種類?あるようで、ミカンの「ン」は口を閉じない発音だとそのように感じています。ということは「ミカン~~」と言って鼻ブクブクを促す指導法というのは発音自体が少し違うので、間違った認識を子供に与えかねません。

では、どの単語を用いたら良いのだろう…周りの知人に聞いて回るも解決には至らず、ずっと疑問を抱えたまま数年が経ちました。

すると、ある日YouTuberで主に英語の発音動画を投稿している“だいじろー先生”の

日本語の「ん」の発音がややこしすぎるw【五種類の「ん」】

という動画が私のYouTubeのショート動画に流れてきました。

この動画で私がずっと抱えていた疑問が少し解消された気がしました。

その時、ふと、ある単語が浮かびます。

「アンパンマン」

これだ!と思いました。最後の「ン」にたどりつくまでに強制的に口を閉じる「ン」が2つもある!その2つの予備的な動作を経て本命の「(最後の)ン~~」に繋ぐことが出来る!水泳指導にすごく適した単語じゃないか!

いや、待てよ…気だるく「あんぱんまぁん」と言ったら最後の「ン」は口を閉じないやないか…正しい発音ってどっち?!


長年の疑問が解消される直前でもう一度座礁してしまいます・・・

続き→コチラ(6/1投稿予定)

予約受付順の誤りと今後の対応

!メーラーのカスタマーサービスとのやり取りは中段以降となります。

*ご覧いただく際の注意点*

前提としてメールを受信した際には、そのメールのヘッダー情報というものを知ることができます。そこにはdateやreceivedなどメールデータを作成した日時やサーバーが受け取った日時などが表示されます。(最近まで受信メールにそのような情報が付与されているとは知らずに予約受付を行っておりました)

「以下、ITに疎い千葉がサーバーカスタマーサービスへの問い合わせや、独自に調べた内容ですので誤りがある場合がございます。お気づきの点がありましたらご指摘いただけるとありがたいです」
*「タイムスタンプ」はメールヘッダーの「received」の値と一致。(タイムスタンプは別途サーバー側で調べた値)
*5/8現在、メーラーを提供しているカスタマーサービスからの回答が一部届いていません。かなり時間がかかっていますので、私が独自に調査・検証を行い、一定の結論をだして該当した方個別に連絡しております。


単発レッスンの予約受付順は受信メールに表示されている時刻を基に先着順で受け付けていました。

しかし、この半年間ほど、単発レッスンの予約受付時刻を従来の時刻表示とは違う受信時刻表示を基に予約受付を行っていたことが判明しました。これにより予約順が前後していた事例が発覚し、該当者には個別に連絡しております。

以下、長文の説明となりますので、〈結論〉と〈対応〉から記載いたします。


〈結論〉

今現在、私が使っている新WEBメーラー(メールアプリ的なもの)は旧WEBメーラーとの受信時刻表示に違いがありました。これにより一部の方の予約受付順が前後し、誤った順番で予約を受付したことが判明しました。

〈対応〉

今後は以下の状況より旧WEBメーラーの受信時刻や新WEBメーラーのソースに表示されるタイムスタンプ時刻を基に予約受付を行います(メールヘッダーのreceived表示の時刻と同値)。

その他、予約順が前後した方は個別に対応します。

〈経緯〉

新WEBメーラー上で受信が確認できたタイミングと、表示されている受信時刻に最大で1分程度のタイムラグがあることを数か月前から確認していました。また、受信時刻の並び順についても前後していると感じていました。
当初メールサーバーがビジー状態だと思っていました。ですが、その後何度も確認されたので、レンタルサーバーのカスタマーサービスに問い合わせました。また、そのタイミングで旧WEBメーラーを確認したところ、受信時刻表示に差異があると認識しました。


〈なぜ受信時刻表示に誤差が出たか?〉

新WEBメーラーの受信時刻は「メールヘッダーのDateの値」であることがカスタマーサービスへの問い合わせで判明しました。左記に関しては送信者側のメール(データ)が作成された時刻であるため私のメールサーバーに届いた時刻ではありません。

一方、旧WEBメーラー上では「メールファイルのタイムスタンプ(*)」が表示されます。
(*)タイムスタンプとは、私が調べたところメールを送受信した日時を証明する電子的な仕組みのようです。メールヘッダー情報のreceivedに記載されている時刻と同値で、Dateの値より受信時刻に近いと認識しております。時刻認証業務認定事業者がサービスを提供しています→参考サイト


〈最近のGmail予約送信設定の仕様〉

最近Gmailの予約送信にタイムラグがあるようです。何度か検証を行ったところ予約送信時刻になっても送信予定のメールは送信者側のメールフォルダに残ったままで、30~90秒後になってやっと送信される現象を確認しました。よって、予約メールを早く届けたい方は予約設定せずに手動で送信することを推奨します。(お急ぎでない方は予約送信設定でも構いません。)
*お使いのGmailアプリやバージョンによっても誤差があると思います。

上記のタイムラグについてはPC画面にてGoogleのサービスを通じて受信メールのソースから確認でき、例えば、「作成日:2024年5月2日 12:00(80 秒後に配信済み)」と分析結果がでます。…メールデータの作成は12:00ですが、送信したのは80秒後です、とこのように表示されます。


〈ご理解いただきたい点〉

お使いのメールアドレスや回線によっては送信してから私のサーバーへ届くまでにタイムラグが生じる場合もあります。例えば9:30:00に送信したのに受信した時刻は9:30:15になる場合もございます。Dateの値とタイムスタンプ(receivedと同値)に差異があるのもこの影響によるものだと思います。重ねての案内となりますが、今後はタイムスタンプの時刻表示で予約受付を行いますので、タイムラグにより予約順が送信者の想定より予約受付順が遅くなるケースも考えられます。あらかじめご了承ください。

*予約受付開始時間AM6時前に受信して他の生徒さんと重なった場合、予約受付順が後ろになります。

〈補足〉

今回の事例の一部はカスタマーサービスにとっても認識していなかった出来事だったようです。未確認の事象とGWとも重なり私の対応が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
*新WEBメーラーは2023/11/20より利用

〈まとめ〉

メールを送信した際にはヘッダー情報と呼ばれるものが付与されますが、その情報には
「date」…メールデータを作成した日時の情報
「received」…どのサーバーに何時に到着したかなどの情報
・・・などを受信者が知ることができます。

また、この記事に登場する「タイムスタンプ」はメールヘッダーのreceivedの値と同じ。

旧WEBメーラーには「タイムスタンプ(receivedと値は同じ)」の値が受信日時として表示されていたが、
新WEBメーラーには「date」の値が表示されていました。

私千葉は新WEBメーラーの受信時刻(画面表示では“日付”となっています)には旧WEBメーラーと同じ情報が記載されていると勘違いして予約受付を行っておりました。


・・・・・・・・

以上について影響を受けた方には重ねてお詫び申し上げます。申し訳ございません。
最後に、受講生によって予約順を作為的に操作することはありません。あくまでも先着順で受け付けます。また、上記タイムスタンプはカスタマーサービスの説明から引用していますが、実際にはメールヘッダー情報のreceivedに当たる時刻かと思われます。



〈さらに詳細を知りたい方へ〉

以下、5/5現在までのロリポップカスタマーサービス(私のWEBメーラー)とのやり取りになります。

かなり長文です。ご興味をお持ちの方のみご覧ください。

なお、一部画像修正しております。

*やり取りに付随する情報を簡略化する目的で、受講生や保護者の皆様を、取引先などと表現しております。


■4月22日(月) 7時過ぎ、ロリポップカスタマーサービスへ不具合問い合わせを行う。

*スクショをしなかったので画像無し*

■ロリポップからの最初の回答1(4月23日(火) 8:24)

要約→旧WEBメーラー使ってください。新WEBメーラーは稀に表示順がランダムになる。

■千葉からの返信1(4月23日(火) 8:50)

要約→不具合の内容を明確にしてほしい

■ロリポップからの回答2(4月24日(水) 14:18)

要約→不具合認識していない。情報詳細提供求む

■千葉からの返信2(2024/04/24 15:17)

要約→テスト送信の結果、新・旧WEBメーラーで受信時刻の表示違います。確認してください

■ロリポップからの回答3(4月25日(木) 17:04)

要約→確認するまで時間を下さい。

■ロリポップからの回答4(4月26日(金) 16:35)

要約→新・旧WEBメーラーで受信表示差異確認。だが、受信の並び順に関しては同じという認識。

やっぱり新WEBメーラーを使ってください。
ロリポップからのメール内容を取引先(保護者の皆様)に使ってくださいね。

■千葉からの返信3(4月26日(金) 23:15)

要約→不具合の内容から本当に新WEBメーラーを使っても大丈夫なの?
(この時点ではdate値やタイムスタンプ(receivedの値?)を認識していないので不具合だと思っている)

■ロリポップからの回答5(4月28日(日) 10:20)

要約→回答まで時間をください。

■ロリポップからの回答6(5月2日(木) 10:28)

要約→新・旧WEBメーラーで受信時刻表示が違ったのは参照する値が違いました。新WEBがdateの値で旧WEBがタイムスタンプでした。受信メールの並び順はどちらもタイムスタンプを基にしていた。だから新WEBメーラーは整合性がとれていなかった。

ですからやっぱり、メールを先着順での予約受付業務とするなら旧WEBメーラーを使ってください。
この情報をカスタマーサービスからいただくまでに10日ほどかかりました。旧→新→旧…と案内を2度変えましたので、事象が確定できるまで保護者へのアナウンスも遅れました。

新WEB・旧WEB・リンクさせたGmailのどの環境でもメールの並び順で先着順に届いたメールを確認できる。

■千葉からの返信4(5月3日(金) 15:43)

要約→たしかにこちらでもGoogleの分析を使うとDATEの値かタイムスタンプか理解しつつあります。受信表示にタイムラグがあるのはメーラーの不具合ではなくGmailの仕様かもしれません。

■ロリポップからの回答7 (2024/05/04 8:59)

要約:時間をください。技術的に難しいものは5/7以降に回答します。

■千葉からの返信4-2 (2024/05/06 11:23)

要約:タイムスタンプというのはreceivedの値ですか?

■ロリポップからの回答8(2024/05/08 13:04 )

要約→(前回の返信で新メーラーの整合性が取れていないことを認めたうえで)改修後のアナウンスはしません。新Webメーラーについて「メールファイルのタイムスタンプ」に表示を揃える改修を検討します。

5/6に送信した追記についての回答無し。

■千葉からの返信5 (2024/05/08  14:12)

要約→大部分について承知しました。しかし、メールの追記事項について回答をいただいておりません。タイムスタンプと表現しているものはreceivedの値ですか?

■ロリポップからの回答8(2024.05.09 16:58)

要約→メールファイルの「タイムスタンプ」はメールヘッダーの「received」の値と一致している。(タイムスタンプは別途サーバー側で調べた値)

■千葉からの返信6(2024.05.09 17:03)

要約→生徒保護者への説明材料として不足は無くなりました。ありがとうございました。

 

以上です。

今回のカスタマーサービスとのやり取りで充分な情報を得るのに20日ほどかかりました。

ご覧いただきありがとうございます。

千葉隆礼

水泳体験談 第3回

ペンネーム:S.T

ぼくは、小さいころ水にふれるのがきらいでした。ほかのスイミングスクールに通っていましたがクロールもなかなかできず千葉コーチのスクールに入りました。コーチはおもしろくて分かりやすかったので、それをくふうして泳ぎに取り入れていきました。ちょっとずついろんな泳ぎができるようになり、クロールと背泳ぎと立ち泳ぎと平泳ぎとバタフライといろいろな泳ぎができました。クロールを1000m泳げたのも千葉コーチがしっかりこつを教えてくれたからだと思います。今では水泳はぼくのとくいかもくです。

 

千葉より

彼は元々股関節の柔軟性があり、立ち泳ぎに関しては柔らかく水を捉えることに優れています。その影響もあり平泳ぎや顔上げ平泳ぎも気持ちよく泳ぎます。一緒に練習していたメンバーと立ち泳ぎをしながらビート板を運んだり、列になって泳いだり、立ち泳ぎをしながら押し合い…そんな遊びもしましたね。私も一緒になって楽しませてもらいました。水泳は初心者のうちは“とっつきにくい”スポーツですが、様々な技術を習得すると普通の人では味わう事の出来ない遊びが出来るようになります。それは“高尚な遊び”というものでしょうか。そのような遊びが出来るようになったのは、水に触れるのが嫌いでも諦めずに水泳と向き合う事が出来たからでしょう。このような経験を小学生のうちに得る事が出来るのは価値のあることだと言えます。この先に少々の困難があってもS.T君ならきっと乗り越えられるはずだ。

 

バタフライの指導 (6)P.12

『イルカ飛びからのバタフライ指導』
*イルカ飛びをドルフィンスルーと言う場合もあるようです。

〜はじめに〜
私が過去の大会でバタフライ6時間を泳いだ時のイメージがまさにイルカ飛びを連続で行なうバタフライでした。楽で気持ち良いイルカ飛びを如何に連続で行なうことが出来るか…そのような感覚やイメージを持つためには以下の練習も役に立つはずです。下に紹介している練習ドリルのほとんどは1セットの動作を終えたら一旦足を床につけて立ちます。後半ではバタフライに近づけるために足を床に着けず連続で動作します。

〜うねりで進む感覚を〜

(注)はじめのうちは1から5まで順にステップを踏む。慣れてきたら任意の段階から練習を行う。

1■イルカ飛び

床を蹴り体重を利用しながら体をもぐらせ、背中を反りながら浮上する。床を蹴った勢いで潜る→水面近くに浮上する感覚を覚える。このときにアゴを引いて体を潜らせる。

2■イルカ飛び掻き

スタート後、一度下方に向いた手先が背中を反ることで水面に近づく。水面上に両手が出る直前に掻きはじめる。そこまでじっと待ち、タイミングをつかむ。腰まで水を掻きそこでストロークを終えて立つ。リカバリーは行わず1セットで終え、それを繰り返す。掻き終えた時に肩(脇)が水面上にしっかりと出るように。肩が天井に向くように胸を張る。

3■イルカ飛び掻き戻し

上の動作にリカバリー動作を加える。同じく1セットで一度立つ、それを繰り返す。上の練習にもあるが肩がしっかりと出てから肘や手首を水面上に出す。この動作は同時に行わず若干のタイムラグが生じる様に。肩→肘の順に、肩が出てから0.2秒後に肘先を出すように。このタイミングを覚える。初心者の場合はリカバリーは水平に行わず戻した手先がオデコの上にくるよう弧を描く様に。息継ぎ時、アゴは直ぐに引かずに目線はなるべく正面に向ける。アゴを極端に直ぐに引くと肩が前方にグッと傾き(柔軟性が無いと特に)腕が抜けにくくなる。

4■イルカ飛び掻き戻し二連続

床を蹴る代わりに第一キックを入れて二連続で「イルカ飛び掻き戻し」を行なう。イルカ飛びで終える動作を徐々にバタフライへと近づける。バタフライを泳ぐイメージよりもイルカ飛びを連続で行なう意識をもって、上で練習してきた動作を崩さぬように。

5■バタフライスイム真ん中まで→さらにバタフライスイム25m

上の二連続が出来ればそのイメージを持った状態で、さらに連続で行なう回数を増やしてバタフライに近づける。真ん中の12.5mまでイルカ飛びのイメージ通りにいけば、距離を増やして25mを目指す。この一連の練習を行う前にストローク回数を数えておけば、変化をより一層感じやすくなる。
最初のうちは体の水没(※)など考えず「イルカ飛びでキョリを稼ぎながら如何に楽に進むか」ということのみを意識すると良い。大人の場合であれば25mを8掻きで泳ぐことが出来た後に競技規則に則った泳ぎ方を意識すると良い。段階を踏むということだ。(※)競演競技規則のいわゆる水没ルール

以上。