水泳克服体験談 第1回

小学生高学年の水泳体験を子供たちが書いてくれました。特に、水泳嫌いで悩んでおられる方へ、この克服体験を読んで少しでも勇気を持ってもらえたら・・・と思います。全ては「やってみなきゃわからない」ことですが、すべての人間が泳げるように・・・と思って活動しております。苦手克服の最初の一歩は泳ぎ方が「どう・こう」ではなく、勇気一つです。

R.Kくん

ぼくは、5年生まで7mしか泳げませんでした。
先生と初めて会って話した時も、本当に泳げるようになるのかと不安でした。

レッスンが始まり、最初に、浮く事を教えてもらいました。
「力をぬけば浮ける」先生の言う通りでした。
先生はていねいにクロールの手の動きや、平泳ぎの足の形を教えてくれました。

そのうちクロールは50m、平泳ぎは150m泳げるようになりました。先生に出会わなかったら、ぼくは泳ぐ楽しさを知らないままだったかもしれません。

 

千葉より

最初に会った時が、学校の水泳授業開始に近づいた時期でしたから間に合うかなぁ・・・と、実は私も心配でした。ですが、ちょうどよいことに、とても浮きやすい体質ということを発見しましたね。私よりも浮きやすい・・・実にうらやましい。とにかくこの「浮きやすい」ということを上手く使って25mを泳げないかな?と思って、泳ぎの提案をさせてもらいました。

最初に25mを泳げた時はとてもゆっくりとした泳ぎで、いつ水を飲んでしまうのだろうか・いつ止まってしまうのだろうかとハラハラしながら見ていました。ただ、こちらの不安を良い意味で裏切り25mを泳ぎきり、こちらはその1分にもおよぶ泳ぎを見ていて感動しました。予想していないからこそ感動があります。オリンピック選手だけが人の心を動かす泳ぎを見せるのではなく、確かにあの時 R.Kくんは人の心を動かす泳ぎを見せてくれました。

 さらにその後の練習でも、私が提案した自宅練習も少しずつやってもらえたようで、なんとか平泳ぎも学校授業までに間に合ったかな!?という感じでしたね。ありがとう。

最終的にはクロール100m・平泳ぎ250m泳げて、中学校でも心配ないだろうというレベルまで上達しましたね。バブルリング作りも成功しましたね(^^)/