水泳克服体験談 「前置き」

私の教室には泳げなくて悩んでいる子供たちがよくたずねてきます。そんな子たちは最初とても不安そうな表情をしてやってきます。特に5・6年生になっても泳げない子どもの表情はとても深刻です。

 

「とにかくプールを見るのもイヤ!」

「本当に泳げるようになるなるだろうか?」

「学校やスイミングスクールで手を尽くしたけど泳げなかった・・・」

・・・など とても重苦しく暗い表情です。

 

確かにテレビで見られるような人の目を引くスピードのある泳ぎの習得は難しい場合もございます。
ですが、ただ単に泳ぐ・・・ということに関しては全ての人間が習得できるものと強く思い活動しております。

 

ありふれた宣伝文句のように聞こえるかもしれませんが、小学4年生で顔つけでさえままならないお子さんが1年弱でクロール1000m以上,小学6年春まで全く泳げなかった沈みやすい体質のお子さんが卒業までに3泳法取得した・・・など、たくさんの感動シーンを目の当たりにしてきました。

もちろん、運動能力や体質も関係します。体の浮きやすいお子さんは比較的早い段階でクロール1000mクラスの長距離を達成できるケースもございますし、浮きにくい体質のお子さんで且つ普段スポーツをされないお子さんは何とか頑張っていただいて25mを泳げるようになる場合もございます。

 

ただ、1つ抑えていただきたい事がございます。
それは、目標を達成したお子さんは達成するまでの「頑張り」や水への恐怖に打ち勝つ「勇気」・・・そしてそれを含めてコツコツと練習を積み重ねてきた1歩1歩の努力がそこにあります。中には自宅でクロール手回しや呼吸の自主練をされた方もいらっしゃいます。目標達成するまでのストーリーがあるからこそ感動があるのです。

 

当教室の卒業生・現受講生の中で水泳を克服した子供たちが、未来にいるであろう「泳げなくて悩んでいる仲間たち」へ自分の経験をもとに水泳の練習体験談やメッセージを書いてくれました。過去の成功例や実体験を読むと少しでも勇気づけられるのではないかと思います。

 

次回以降、体験談を不定期で掲載します。どうぞご覧ください。
*第1回目は1月28日掲載予定です。
*2回目までは旧ブログの内容と同じです(こちらのページへ引っ越し)。3回目以降は新しい内容となります。