バタフライ 長距離・長時間 〜日記17〜

京都・滋賀を中心に水泳の個別指導・少人数指導を承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑦ターン 

 ターンの方法はいくつか有ると思いますが、スタミナの事を考えるとグライド時にタッチする方法がベターでしょう(下図)。ターンのタイミングが合わない場合もございますが、1つの方法としては、ターンの手前の2ストロークか3ストローク前で自分の目測によってグライドを長くとったり短くとったりし、ターン直前の最後のストロークに向けて距離やタイミングを調節することです。私の場合は長い時間を泳いでいると毎回この作業が面倒になってきますのでやらない時が多いです…。