バタフライ 長距離・長時間 〜日記18〜

⑧泳ぎのペースなど(私の場合)

 個々人によってペースは違ってくると思いますので私の場合を記入致します。

 長時間泳ぐ時はいつも、調子や体調によってわずかですがフォームや感覚は毎回違ってきます。ですからその日のフォームはいつも一期一会で、次回泳ぐ時は全く同じフォーム・感覚で泳げるとは思っていません。以下はひとつの例です。

 スタートしてから、15分〜20分過ぎまではその日の体調や自分の気持ちなどを探るようにゆっくりとスローペースで泳いでいきます(この15分〜20位までが前半の一番しんどい部分です)。調子が良い時はじれったい時がありますが、徐々に体をあたためるようにフォームを探りながら泳ぎます。長時間泳ぐ場合は泳ぎ始めと中間、そして泳ぎの終盤など体力の有無などが影響して、どの時間帯をとってもフォームが少しずつ違います。大体20〜30分過ぎくらいからリズムに乗り出してきますが、先ほどのフォームを探るとは過去の調子の良い時の泳ぎを思い出しながら泳ぐということです。

 泳ぎだしは力を入れないで脱力を意識し、とてもゆっくり「どんぶらこ〜」とストローク数も多く大きなうねりで泳いでいきます。15〜20分位で体調や調子など自分との会話が終われば徐々にパワーを込めていきます。ここから徐々にストローク数を減らしていき、25mを8〜10ストロークで泳げるよう調節します。自分の中ではすんなりと8ストロークで泳げるのかが調子のバロメーターになります。このストローク数(テンポ・ピッチ)を出来るだけ維持しながら泳いでいきます。時間とともに体力がなくなってきますので、それに合わせストローク数も増えて行きます。ストローク数は常に数えるわけでなく、何分間に1度の割合でランダムに数え、その時の泳ぎの状態を探る1つの材料とします。

    

 ここで少しスピードを出すならば、入水時の重心移動を意識しながら第1キックを強めに行います(特に足首のスナップ)。疲れてきたらペースを落とし脱力しながら泳ぎ、回復を待ちます。回復に務めている間はリカバリーで体を上げる以外は力を入れないようにしましょう。ストローク数とペースクロックなどを確認し自分の状態を知りましょう。

 人により数時間後にペースがガタンと落ちる時がありますが、スピードを意識しなければ泳げない程しんどいということはありません。それぞれの状況においてベストなペースがありますから、事前の練習で経験しておいたほうが良いですね。後は、冷静さと根性・我慢強さです☆