バタフライ 長距離・長時間 〜日記14〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤タイミング
〜その1〜

○ストロークとキックのタイミング

・第1キックとストロークのタイミング

 入水と同時に第1キックを打っても良いですし、入水してから第1キックを打ってもどちらでも構いません。大切なのは、第1キックを打つ際にストリームラインがとれていることです。ここで抵抗のあるフォームになっていると、折角キックをしてもスピードに乗ることが出来ません。第1キック後が推進する局面なのでそこを意識しましょう。

 

・第2キックとストロークのタイミング

 掻き始めに第2キック開始を合わせるorプッシュ・フィニッシュに第2キックを合わせる…などが一般的なタイミングですが、長距離バタフライの場合のタイミングは泳ぎやすければそれで良いと思っています。ストロークの際に水をしっかりと捉えていれば、腕でとらえた水の重さを利用して体を持ちあげられますし、タイミングはそれほど意識しなくても影響はないと思います(ストローク技術があれば、それだけでも体を持ち上げることができます)。

   

 以前投稿した②キック(第2キック)の項目でも記入していますが、私の場合は腕で水をとらえて体を持ち上げるのと同様に、ストロークの補助動作として第2キックでも膝・足の甲で水をとらえる意識を持っています。ストロークでとらえた水の重さを利用するのと同じく、キックでも水の重さを利用し体を持ち上げています。よく水球やシンクロナイズドで水を蹴って水面上へ飛び上がる際に、足で水の壁を蹴る感覚があると言いますが、それと似た感覚かもしれません(長距離バタフライは水球ほど激しくはないですが)。

 人それぞれのタイミングで良いと思いますが、私の場合はストロークが胸の辺りの時に第2キックが開始します。ストロークがフィニッシュの局面になる時に、第2キックがちょうど終わる…というタイミングで泳いでいます。上記にもあるように、ストロークとキックでしっかりと水をとらえますが、その重い水をとらえる瞬間が同時のタイミングになるように意識しています。手と足が同じタイミングで水をとらえることが出来るとより楽に体を持ち上げることができます(下図)。