バタフライ 長距離・長時間 〜日記9〜 

②キック

〜全体のポイント〜

 強く鋭くキックをするよりも、水をグーッとらえる・・・あるいは足の甲で水をしっかりと当てるようなキックをします。1回のキックで水を長めにとらえてすぐにリリースしないイメージです。鋭くキレのあるキックはさほど必要無いです。長距離クロールと同じでキックは回数を減らすor弱く打つということが大切になってきます。私がオススメするのはキックは一般的なものと同じく、1ストローク中2回打ちますがどちらも比較的弱く打つことです。ただし、個人の泳ぎやすい方法で構いません。

 長時間バタフライでのキックの役割は、第1キックが推進・体重移動、第2キックが楽なリカバリーを行うための補助的役割(浮上の主役はストローク)と位置づけて下さい。第2キックは楽なリカバリーができていればそれ以上強く打たなくて構いません。泳いでいて少しスピードを上げたい時は第1キックを強めに行うと良いでしょう。

 

○第1キック

 ご存知の通り、入水後“うねり”を伴うキックです。強く打つ必要はありませんが、キックの最後の瞬間(膝が伸びきる瞬間)のみ足首のスナップを効かせながら若干のパワーを使い推進を得ても構いません。第1キックは前方へ体重を乗せる動作あるいはダウンキックの反動で腰が水面上に出てくるのが理想です。水面下上層で体を維持し泳ぐのが理想でしょう。 

   

 第1キック蹴り下げの時は水面上に腰が出て、蹴り上げ時は逆に腰がやや反れていきます(下図)。第1キックで蹴り上げた足がグライド中第2キックを打つ前に沈んでしまわないように注意しましょう。アップキック後すぐに足が沈んでしまうと第2キックのキック幅が狭くなってしまいます。第2キックを行う際、弱い力で体を持ち上げようとするなら、キック幅を大きくする必要があります。水面近くから水中まで足を下ろした反動で上半身が持ち上がるようなイメージです。別の言い方をすると体を反らせながらグライドをし、粘りをもたせながら両足を水面付近にキープさせ第2キックに向けての“ため”をつくります。

   

ちょうど子供の時に遊んだシーソーをイメージ出来ると思います。水面両足を維持させ(ため”動作)、第2キックを打つまで足をできるだけその水面付近の位置にキープしましょう。

 また、水没に関するルールを守って泳ぐとしたら第1キックの蹴り上げ時、水面上に足(足首から先、かかと、つま先など)を出したままその状態をキープして泳ぐのが良いでしょう。注意していただきたいのが足が水面上に出た状態から強く力を込めたキックしないことです。水面上で力を込めたキックをしてしまうと、水面をたたいてしまい派手なしぶきとは裏腹に効果的に上半身を持ち上げることができません。

 グライド中うねりを伴い上体が水面近くに上がってくると自然と両足が下がっていきます。両足が自然と水面下に沈んでから少しパワーをこめて第2キックを打ちましょう。弱くキックを打つ・・・あるいは、徐々にパワーを加えて加速度的にキックを打つと水をとらえしっかりと蹴りこむことが出来るでしょう。

 少しスピードを上げて泳ぐ時以外、キックは泳ぎのなかの補助動作だと位置づけておきましょう。基本的に推進は、入水しグライドに移った時の重心移動を利用します。『イルカとび』と同じ要領です。息継ぎの時、顔を水面上へ出し、足が下がっていますので重心は後ろへ移動します(次回記事上図)。入水しグライドに移った時に腰が水面に上がって前のめりになることで重心が前に移動します(一番上の図)。その重心の移動・体重を利用して前に進みましょう。