バタフライ 長距離・長時間 〜日記5〜

○プル


 楽なリカバリーをするためにとても大事な局面です。
 ここではハイエルボーの技術がとても大切になります。水をとらえ、とらえた水の重さを利用して体を水面上に持ち上げます(イメージ図C)。後日お話を致しますプッシュ・フィニッシュで体を持ち上げるのでなく、どちらかというとキャッチ・プルで体を持ち上げるように意識します。とらえた水の重さに負けないようなパワーと技術(腕の面を広く使い水をとらえる)が必要になります。


  

 ハイエルボー・・・両腕を内側わずかにひねり、肩を両耳に近づけるようにワキをグッと広げ、ヒジの頭を水面に向けます(イメージ図C・下図参照)。掻く際は肘を手首よりも高く保ちます。

  

 また、私に合うハイエルボーの肘の角度は130〜150度位です。肘の角度を90度に近づけると浅く掻く分、掻く際に感じる水の重さが軽くなります。角度を変えて泳ぎ、自分にとって理想の角度を探してみましょう。
*ハイエルボーの技術習得はドッグプル・ドッグパドルと呼ばれる犬かきの様なドリル・部分練習が有効です。市販書籍をご参考下さい。 

 前回記事「キャッチ」で体の幅に対しやや広げた両腕を胸に掻くにつれて少し内側に掻いていきます(両腕の幅が狭くなってくる)。

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム