バタフライ 長距離・長時間 〜日記6〜 

○プッシュ

  

  体を持ち上げるにはキャッチ・プルが重要と前回までの記事にありますが、プッシュはそのフォロー(ダメ押し)を行うイメージを持って行います。真っ直ぐに水を押しこむのではなく、お腹や腰の辺りから“ハの字”を描くように斜めに水を払います(図Y)。この時に手首は反らして浮上する方向とは反対側に手のひらを向けるようにします。後方斜め下に向けて水流をつくります(プールの床に水流をぶつけます。)。手首を反るのは、映画『アイアンマン』の飛行シーンのイメージです。キャッチ・プルが充分に効いているなら力を込める必要はありませんが、肘が伸びきるまで最後まで払い切るのが良いでしょう。

○フィニッシュ〜抜き上げ

 この局面では、次のリカバリー動作につなげることが重要になりますので、力いっぱい頑張って水を押しこむことは意識しません。また、キャッチから水をとらえて掻けていると、プッシュが終わるまでに肩が水面上に上がった状態となっています。

  

 フィニッシュ〜抜き上げでは、プル〜プッシュまでに水面上に上がった肩をなるべく沈めないように意識します。

 キャッチからプッシュで水面上に上がった肩が、フィニッシュ〜抜き上げで再び水没していまい、結果としてリカバリーで水を引きずってしまうというのを頻繁に見かけます(*1)。リカバリーの際に水を引きずると、とんでもない抵抗を受けてシンドイだけのバタフライになりますね。

 このような悲劇にならないためにも両手の位置が水面近くにくるようプッシュ・フィニッシュ動作を行います。このようにフィニッシュ後両手の位置が水面近くにあると、たくさん掻き上げないで済む分、その後の抜き上げがスムーズに行えます。反対にフィニッシュ時両手の位置が水面下深い位置にあると、抜き上げの際に水を下方から上方に掻きあげる動きとなり、その反動で体が沈んでしまいます(*2)。また、せっかく水面上に上がってきた体が沈まないよう、小指から抜きあげましょう(図X)

*1 考え方はクロールと同様、よほど肩関節が柔らかくない限り肩が水没すれば腕も水面上にあがりません。

*2 基本的に水を送った方向とは反対方向に体が動きます。クロールでは後方に掻くと体が前に進みますね。スカーリング等で前方に水を送り体をバック・後進させて遊んだ事はありませんか? これも同じ理屈です。抜き上げ時、腕を水面下深いところから水面上に動かすと体が反対方向に動きやすくなる・・・つまり沈みやすくなります。この沈みを抑えるためにフィニッシュ時には両手の位置が水面近くにあるのがベターです。掻き上げてしまう動作が少なくなる分、体の沈みも抑えることが出来ますね。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

記事修正:2020・12・25