バタフライ 長距離・長時間 〜日記4〜 

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①ストローク

〜全体的なポイント〜

 ストロークのポイントは腕全体で水をとらえ、そのとらえた水を逃さないで掻くことです。別の言い方をすると、とらえた水の重さを利用し、その抵抗の反作用を利用します。長距離バタフライではスピードを出して泳ぐわけではないですから、力任せに掻く必要はありません。私はゆるやかなS字ストロークで泳ぐことが多いです。S字のほうがスカーリング動作を伴うので水をとらえやすいからです。もちろん泳ぎの途中でI字ストロークにきりかえてもよいです。それぞれのフィーリングにもよるでしょう。掻く方向ですが、真後ろに掻くよりも、やや下方に掻くと体が持ち上がりやすくなります。
*これからキャッチ・プル・プッシュ・リカバリー・・・など、ストロークの各部分に絞ってお話させていただきます。本日はキャッチからお話します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

○キャッチ

   

 入水後深い位置から掻き始める(図B’)と水面上に浮上する際にたくさんのパワーが必要になるので、入水し体をうねらせ手のひらの位置が水面に近くなってから掻き始めます(図A→B)。また、頭のやや斜め上の水をとらえるような意識を持ちます。

  
  
  
   
 水のあたりを良くするために手首をわずかに内側に曲げ、水の重さに負けないように手首を固定します(図Aのように手首を反らせたままにしない)。やさしく・柔らかく水をとらえるようにグ〜〜ッと掻き始めましょう。体の幅よりもやや広めに腕を広げます。

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム