バタフライ 長距離・長時間 〜日記11〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

③息継ぎ

  

 通常息継ぎの際はアゴを少し前方に突き出すと息継ぎがしやすいですが(図1)、長時間にわたってこの息継ぎをすると、とてつもなく首が痛くなります(頭痛も併発!☆)。通常の生活にも影響を及ぼす程の痛みになります。息継ぎの時も含め首の動作は楽なポジションをできるだけキープします。軽くアゴを引き、息継ぎの際も前方を見ずやや斜め下の水面を見るようにしながら息継ぎをするのがよいでしょう(図2)。

 泳いでいる間に状況に応じ首の角度を変えても構いません。アゴを引き気味にして息つぎをするのは、水を飲んでしまうリスクがつきまといます。波が高く、空気を吸っている途中に水がかかった場合は無理にそれ以上息を吸わず(水が喉に到着する前に吸うのを止める)、顔をつけた時に水の中で口に入った水を吐き出します。次の呼吸の際に確実に息を吸う様にすれば(アゴを少し前方に突き出すように息継ぎ・・・図1)リズムも崩しにくいでしょう。

*基本的に図2の息つぎで、後は状況に応じたフォームで泳ぎましょう。

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム