バタフライ 長距離・長時間 〜日記12〜

④リズムについて
〜その1〜

 キック・ストローク・呼吸など全ての動作を常に一定のリズムで泳ぐのが長時間水泳に向いています。また、スピードを上げたい時はゆっくりと徐々にスピードを上げるようにしましょう。例えば50mラップタイムを1周ごとに1秒ずつ上げていきます。ちょっと煩わしいかもしれませんが、長い時間を泳ぐことを考えたらコチラのほうが楽に泳げます。

○呼吸

 息継ぎは、毎回呼吸にしましょう。グライドを長めにとりますので、息継ぎを1回飛ばすと息が続かなくなります。

 ターン後の動作も同じく、ドルフィンキックはあまりしない方をお薦めします。キックがとても得意な方は別としてターン後のドルフィンキックをすると体力を消耗しやすいですし、呼吸のリズムも崩れてしまいます。ターン後は、けのびで5m程進んでから再び泳ぎだしましょう。

 長時間泳いでいると必ずと言って良いほど水を飲みます(私が下手なのか・・・あるいは集中力が途切れるのか・・・^^;)。それは隣の泳者からの波が原因の時もありますし、“エコな”泳ぎを心がけていつも水面ギリギリで呼吸するのも要因となります。その様な時も常に冷静でいることが肝心です。慌てず自分の呼吸リズムを取り戻すことに集中しましょう。もちろんそこで止まってしまうと終わってしまいますので(長距離or長時間レースのルールにもよりますが…)、常に変わらない気持ちと冷静さが大切です。汚い話かもしれませんが、万が一水を飲み込んでしまったらグライド中に水の中で咳をするように気管から水を出します。この時は吐く息の量が増えますが仕方の無いことでしょう。我慢をして元の呼吸リズムに戻しましょう。状況に応じた対応をとる事が一番です。