バタフライ 長距離・長時間 〜日記5〜

○プル


 楽なリカバリーをするためにとても大事な局面です。
ここではハイエルボー(*)の技術がとても大切になります。水をとらえ、とらえた水の重さを利用して体を水面上に持ち上げます(イメージ図C)。後の記事でお話しますがプッシュ・フィニッシュで体を持ち上げるのでなく、キャッチ・プルで体を持ち上げるように意識します。とらえた水の重さに負けないだけのパワーと技術(腕の面の広い部分を後方斜め下にむける)が必要になります。


  

(*)ハイエルボー・・・両腕を内側わずかにひねり、肩を両耳に近づけるようにワキをグッと広げ、ヒジの頭を水面に向けます(イメージ図C&下図参照)。掻く際は肘を手首よりも高く保ちます。

  

 私に合うハイエルボーの肘の角度は130〜150度位です。肘の角度を90度に近づけると浅く掻く為、掻く際に感じる水の“あたり”が軽くなります。角度を変えて泳ぎ、自分にとって理想の角度を探してみましょう。
*ハイエルボーの技術習得はドッグプル・ドッグパドルと呼ばれる犬かきの様なドリル・部分練習が有効です。市販書籍をご参考下さい。

 前回記事「キャッチ」で体の幅に対しやや広げた両腕は胸に掻くにつれて少し内側に掻いていきます(両腕の幅が狭くなってくる)。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

記事修正2020・8・26

バタフライ 長距離・長時間 〜日記4〜 

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①ストローク

〜全体的なポイント〜

 ストロークのポイントは腕全体で水をとらえ、そのとらえた水を逃さないで掻くことです。別の言い方をすると、とらえた水の重さを利用し、その抵抗の反作用を利用します。長距離バタフライではスピードを出して泳ぐわけではないですから、力任せに掻く必要はありません。私はゆるやかなS字ストロークで泳ぐことが多いです。S字のほうがスカーリング動作を伴うので水をとらえやすいからです。もちろん泳ぎの途中でI字ストロークにきりかえてもよいです。それぞれのフィーリングにもよるでしょう。掻く方向は真後ろに掻くよりも、やや下方に掻くと体が持ち上がりやすくなります。


*これからキャッチ・プル・プッシュ・リカバリー・・・など、ストロークの各部分に絞ってお話させていただきます。本日はキャッチからお話します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

○キャッチ

   

 (図B’)のように入水後深い位置から掻き始めると水面上に浮上する際にたくさんのパワーが必要になりますので、入水し体をうねらせ手のひらの位置が水面に近くなってから掻き始めます(図A→B)。これは頭のやや斜め上の水をとらえるような意識を持ちます。この動作には肩の柔軟性が必要ですね。

  

  

 水のあたりを良くするために手首を倒すようにわずかに内側に曲げ、水の重さに負けないように手首を固定します(図Aのように手首を反らせたままにしない)。やさしく・柔らかく水をとらえるようにグ〜〜ッと掻き始めましょう。体の幅よりもやや広めに腕を広げます。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

記事修正2020・8・26

バタフライ 長距離・長時間 〜日記3〜

※先に長時間・長距離バタフライで重要となるポイントをいくつか挙げ、後に詳細を説明したいと思います。

〈簡単なポイント〉

「うねりは大きめ」・・・深く潜る必要はさほどないですが、グライド・のびの時間は長くしたほうが良いです。

「キャッチ・プルで体を持ち上げる」・・・より楽にリカバリーをするためにはキャッチ・プルが大切になります。決してプッシュを頑張って体を持ち上げるのではありません。キャッチ・プルで水をしっかりととらえ、そのとらえた水の重さを利用して体を持ち上げます。

「キックは少なくor弱く」・・・長距離クロールを泳ぐ際と同じ考え方です。どちらのキックも弱く打つか、あるいは第1キック・第2キックのどちらかを打たないようにします。

「推進はなるべく体重を利用」・・・ある程度、スーッと進みのある方が、長時間泳ぐ際には心理的に気持ちよく泳げます。キックやストロークで推進力を得るのはパワーを消耗しやすいでしょう。“イルカとび”のように体重移動を利用して前に進みます。長時間・長距離バタフライはイルカ飛びで着地せず、それを連続で泳ぐイメージです。

「息継ぎ」・・・私個人の場合、長時間泳いでいて痛くなった箇所のうちの1つが首です。息継ぎの動作で首が痛くなりますが、首が痛くなると頭痛も伴うので、日常生活にとってやっかいものでした。息継ぎの際、前方を見てアゴをほんの少し前に出すようにすると、楽ですし確実性もあります。しかし、この首の動作が痛みの原因です。首は出来るだけ動かさずアゴを引いて斜め前の水面を見るようにするのが良いでしょう。皮膚の感覚で顔のどの部分に水が付着しているか、その水が重力で下に流れていくかを意識すると息を吸うタイミングがわかると思います。

「肩が上がってきてから腕を戻す」・・・リカバリーの動作ですが肩が水面上に上がる前に腕を戻そうとすると、水中の水を掻き上げやすくなり体が沈みやすくなります。肩を水面上に出してリカバリーのための道をつくってから後の腕がそれに続くというのが私のイメージです。クロールや背泳ぎも肩が出てから肘→手と水面上に上がってきますね(ローリング動作も伴いますが)。

「リカバリーの際の親指の向き」・・・親指を斜め下にして戻し、親指から入水しようとすると肩の筋肉が痛みやすくなりますので、リカバリーの際は親指を進行方向に向け指先(人差し指・中指)から入水する(腕をひねらない)。

     
(写真は6時間独泳部門にバタフライでチャレンジした時のもの)

次回へ続く

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼
○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

記事修正2020・8・26

バタフライ 長距離・長時間 〜日記1〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  今回から『バタフライ 長距離・長時間 〜体験日記〜』のお話をさせて頂きますが、タイムを縮めながら長距離を泳ぐのではなく、スピードがゆっくりでも良いので長い時間を泳ぎきるという泳ぎの内容になります。また、日記と題記しましたが、私が20代中盤に楽なバタフライ(いわゆるグライドバタフライ?どんぶらこバタフライ?)習得を目指して練習したお話・・・あくまでも体験談でございます。柔軟性・筋力・運動神経・体の浮きやすさ沈みやすさ・・・等は人それぞれに違いがありますので、これから記します内容が必ずしも全ての人に当てはまるわけではないという事を踏まえたう上でご覧ください。楽なバタフライ習得を目指しておられる方にほんのわずかでもご参考・共感になれば大変幸甚です。


 まるでジョギングをしているかのように、ラク~に長い時間バタフライを泳げるなんてとても気持ちの良いことだと思いませんか?この連載での「長い時間」とは、20分以上〜数時間を意味しています。何m泳げたかはあまり追求していません。あくまで何分・何時間連続で泳げたかです。もちろん高みを目指すならスピードを追求しても良いと思いますが、まずは“ジョギングをしているかのようにラクに泳ぐ”そうするとシンドイはずのバタフライを少しは好きになると思います。

 筆者は現在、京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスン教室の活動を生業にしておりますが、過去はスイミングスクールの指導員でした。その指導員時代にこの記事の内容をプリントにして生徒さんに配布したことがあります。その過去のプリント内容に現在の私の考え方を少しトッピング・アレンジして記していきます。(4泳法についての文献はたくさん市販されているのでそちらを参考にして下さい。)

 バタフライの基礎については市販の本をご参考下さい。このブログ記事はバタフライを力づくで2550m程泳げる方に読んでいただくのがベターだと思います。この記事は、バタフライ「1からの習得」を目指しておられる方にはマッチングしない?と思われます。

   

 これから連載させていただくことは上記のとおり、長時間・長距離バタフライにおける私個人の体験に基づく考察や泳ぎ方を記していますので、必ずしも一般的な競泳の泳ぎではなかったり、全てのスイマーが参考に出来るような内容では無いと思います。記事内容はこれからも自分のなかで理屈等が変化しうることなので、それらを踏まえてご覧いただきたいと思います。「この人はこんな考えを持っているんだな〜」ぐらいに思って、内容を右から左へ受け流す気持ちで読んでいただければありがたいです。

※ゆっくりと泳ぐフォームと競泳のフォームとは違う所があるということを踏まえた上で読んでくださいね。

次回に続きます。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀
千葉隆礼

記事修正2020・8・26