水泳克服体験談 第10回

ペンネーム・イニシャル:MRくん

最初はちがう水泳教室で2年ほどやっていましたが、クロールができるようになったくらいであまり楽しくありませんでした。しかし、ここの水泳教室に来てから、1年半ほどでクロールと平泳ぎと背泳ぎができるようになり、とても楽しかったです。息つぎのコツや手足の動かし方を教えてもらいました。他にも水てっぽうなどの遊びもしました。水泳が不得意な人でも泳げるようになります。ぜひ、この教室できれいに泳げるようになって下さい。

 

千葉より

上達において大切な反復練習を嫌がるそぶりも見せずにコツコツとこなしていましたね。何度も顔に水がかかりながらもめげずに背泳ぎを練習していたのが印象に残っています。レッスンの合間に水鉄砲や泡で輪をつくる「バブルリング」で遊びましたが、微妙に手首や指先の動きを工夫しながら器用に水の遊びも出来るようになりました。後にサッカーのリフティングを何百回も出来るよ、と聞いて陸上でも水中でも人を楽しませる曲芸を持っている事を羨ましく思います。

決して元々水に慣れているわけではありませんでしたが、レッスン内で私の話をしっかりと聞いて、オヨギのポイントを把握しながら練習出来たと感じています。これが後の上達に繋がりました。

クロール・平泳ぎともに50m以上は泳げますので、ぜひ学校水泳授業でも活躍してください。

 

水泳克服体験談 第9回

KHくん

僕は4年生のころ10m程度しか泳げませんでした。学校の水泳の授業も大嫌いで憂うつでした。このままではまずいと思い、千葉先生に水泳を習い始めました。千葉先生のレッスンではスイミングスクールのように順番まちもなく、みっちりと教えてもらえます。疲れるときもありますが、日々上達している感覚があって、毎週のレッスンがとても楽しみでした。レッスンの最後には遊んでくれたことも良い思い出です。そして習い始めて約3か月後、僕は1000m泳ぐことができました。自分自身ももちろん、親も驚いていました。そこからますます水泳が楽しくなり、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライも泳げるようになりました。6年生の受験期にも水泳を続けていましたが、無心で泳ぐことは息抜きになり、集中力アップにも繋がったと思います。千葉先生には本当に感謝しています。泳げなくて悩んでいるみなさんには、ぜひ千葉先生のレッスンを受けてみてほしいです。必ず泳げるようになります。

 

千葉より


1000m
泳ぐまでのレッスンはすごく淡々と練習していたと思います。最初の頃KHくんは朴訥(ぼくとつ)で素直な子供という印象でした。私の伝えた動きを自分なりに表現しながら泳いでいましたね。浮きやすいという体質を上手くクロールに活用し始めたころに数百メートル泳げるようになっていたと思います。ただ、この頃は落ち着いた性格の彼の奥にスポーツにおける”根性”があるとは想像もしていませんでした。むしろ、それとは縁遠いと思っていました。

年末でしょうか、数百メートル泳げる彼に「どこまで行けるか泳いでみたら?ま、1000いけば大したもんだけどね。」このような感じで遠泳を勧めたと思います。(ホントは是非とも1000mを目指して!…と言いたいところですが、4560分かかるので、強制して出来るものでもないのです。)スピードはゆっくりではありましたが数百m超えても立ち止まることはなく、息つぎの時にチラリと見えるゴーグルの奥の目は活き活きしていました。色白の顔を赤らめながら1000m泳ぎきり、彼の奥に潜む”根性”を感じた事を鮮明に覚えています。

水泳克服体験談 第8回

K・Iくん

最初わたしは顔を水につけるのが出来ませんでした。初めて水泳を習うときは泳げるか不安でしたが、初めて「けのび」ができたとき、うれしかったです。その後も、千葉先生がていねいに教えてくれました。「けのび」は体をまっすぐにしたりいきおいをつけたりしました。「クロール」は息つぎのときに頭がでないように気をつけました。それからもどんどん泳げるようになりました。最初はニガテだった水泳がどんどん得意になってとてもうれしかったです。水泳をやって、おもったことは、なんでもがんばればできるようになるんだなとおもいました。

ちばより

最初のころをすっごく覚えています。初夏だったか日差しは強かったと思います。水が苦手だと聞いていたので、両手で水をすくい頭からかけて、顔をゴシゴシとふく・・ということからやりましたね。水を頭からかけた瞬間、顔を下に向けてずっと目についたしずくを拭いていました(今はビックリするぐらい克服していますが(笑))。その時にアドバイスしたことも覚えています。「水がかかって、しょぼぼーーん。って顔を下に向けると頭や顔についた水が(重力で)目や鼻に集まるよ。」「だから、水がかかったら胸を張って宙を向いて☆ゴシゴシゴシゴシ…はいっヘーキ!!」ってカラ元気のポーズをすることから始めましたね。・・・懐かしい(笑)この文章を書きながらあのときの様子がはっきりとした映像で蘇ります♪あの遊びは楽しかったですね。水泳はまず遊びから覚える。それが良い水慣れの方法なのですね。

恐怖克服という名の壁を何度となく乗り越えたと思います。「顔の水をふく」「かおつけ」「背浮き」「体をクルクルとローリング動作」「クロールの息つぎ動作」・・・確かに怖がっていましたが、水から逃げないで・・・千葉から逃げないで・・・(笑)よく頑張りました。

前髪をおろすとイケメンになるよ。というアドバイスを何度もしてくれてありがとう。先生は、髪の毛が寂しくなったのでオススメしてくれた髪型は少し難しいかな(笑)髪を伸ばすと水に濡れて河童みたいになるから少し躊躇しているんだ(河童みたいに泳ぎ上手になりたいのだけどね・・・(^_^;)) 。

また、弟とプールで遊んでくださいね。平泳ぎは力強くキックすることを忘れずに♪

水泳克服体験談 第7回

Y.Rくん

 僕は4年のころ千葉先生に出会うまで水泳は大きらいでした。そのころ僕はなんと、何の泳ぎ方もしらず、バタ足で4m80㎝しか泳げず、とてもはずかしくて、引け目を感じていました。そのときは水泳をあきらめていました。でも学校で、25m泳げない人は、夏休みに学校で練習しなければなりません。それを知った僕はあせって何が何でも25m泳ぐと無我夢中で泳いでいましたが、泳げませんでした。そんな中ある日おばあちゃんが水泳個人レッスンのチラシをもってきてくれ、それをきっかけとして千葉先生に習い始めました。習っていると先生はおもしろくわかりやすかったので、みるみるうちに上達していきました。少しずつ記録をのばしていき、習いはじめから五ヶ月後の三月十九日(僕の誕生日)にクロール1000mを泳ぎきりました。あのときの達成感とうれしさは、1年たっても忘れられません。努力してかなわないものはないと思います。水泳が不得手な人は多いと思います。ぜひこの教室で正しい泳ぎ方を覚えて、達成感を味わって下さい。

千葉より

 Y.Rくんのクロール1000m達成を皮切りに長距離に挑戦する元水泳苦手な生徒がチラホラ出てきました。最終的には本人の自主自発の気持ちからクロール1000mを達成していると感じます。私が手助けしたことと言えばクロール25m泳げるようになる・・・ということぐらいでしょうか。クロール1000m挑戦中の小1時間にも及ぶ激闘の中、私は泳いだ距離をカウントしながら目の前のドラマティックな光景にいつも感動しております。マイナスからのスタートですから・・・目の前でおきている逆転劇に感動しないはずがありません。

 Y.Rくんはクロール25m泳げるようになってからでしょうか。いつも練習終盤に「何m泳げるか挑戦してみる!」と言って数百m泳ぐ時期がありましたね。毎回すこしずつ距離をのばして、ある日500m以上泳げたときがあり「1000m泳ぐのも時間の問題だな・・・」と思っていました。今ではクロール・平泳ぎ・背泳ぎを習得し、さらに新しい泳ぎにも挑戦中ですね。

水泳克服体験談 第6回

ぽちぽちちゃん

 私が水泳のを始めたキッカケはみんなみたいにうまく泳ぎたいと思ったからです。私は最初水がこわかったし、顔をつけるのもいやでした。だけど、千葉先生に息のはきかたや息つぎの仕方などさまざまなことを教えていただいて、家で練習などをしました。全然泳げなかったときバカにされたりもしました。それがくやしくて、がんばろうと思いました。今は昔とちがってクロールを1㎞泳げるようにもなりました。わたしは、すぐにあきらめたときもあったけど、アドバイスや今までの自分をこえたいという気持ちがあったから今があります。水泳が苦手な人へ、泳げないのは、泳ごうとする気持ちを持っていないからです。泳ごうと思ってあきらめずに努力したらいつか泳げると思います!

 

 

 

千葉より

 気持ちのこもった文章を読ませていただきました。ぽちぽちちゃんは小学4年の時に顔つけブクブクから練習した記憶があります。「お風呂でブクブクパーの練習してね〜♪」とお願いし、少しずつですが自主練もお願いしましたね。今振り返ると「けのび」が出来るようになってからは泳げるまであっという間でした。「この動きはコレにきをつけて、こうすればイイよ。」とアドバイスをおくると後は自分でドンドン練習しておりましたね。ある日、「ぽちぽちちゃん、この泳ぎはね・・・(〇〇を気をつけて、体を△△のように動かすなどのアドバイスをおくりたかった)」と言うとぽちぽちちゃんは途中で私の言葉をさえぎり「これはねぇ、アレとコレに気をつけて、こういうふうに泳ぐ」と以前私がアドバイスした内容を事細かに覚えておりビックリしたのを覚えております。そのような練習意識があるからこそ平泳ぎや背泳ぎもすんなり習得できたのだと思います。

 せっかく教えてもらったバレエのあいさつ・・・忘れてしまいました(^_^;) また、教えてくださいね。あの時のクロール1000m感動でした♪お兄ちゃんも交えてプールでふざけて遊んだ日々を忘れません。