投稿・記事

バタフライ 長距離・長時間 〜日記14〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤タイミング
〜その1〜

○ストロークとキックのタイミング

・第1キックとストロークのタイミング

 入水と同時に第1キックを打っても良いですし、入水してから第1キックを打ってもどちらでも構いません。大切なのは、第1キックを打つ際にストリームラインがとれていることです。ここで抵抗のあるフォームになっていると、折角キックをしてもスピードに乗ることが出来ません。第1キック後が推進する局面なのでそこを意識しましょう。

 

・第2キックとストロークのタイミング

 掻き始めに第2キック開始を合わせるorプッシュ・フィニッシュに第2キックを合わせる…などが一般的なタイミングですが、長距離バタフライの場合のタイミングは泳ぎやすければそれで良いと思っています。ストロークの際に水をしっかりと捉えていれば、腕でとらえた水の重さを利用して体を持ちあげられますし、タイミングはそれほど意識しなくても影響はないと思います(ストローク技術があれば、それだけでも体を持ち上げることができます)。

   

 以前投稿した②キック(第2キック)の項目でも記入していますが、私の場合は腕で水をとらえて体を持ち上げるのと同様に、ストロークの補助動作として第2キックでも膝・足の甲で水をとらえる意識を持っています。ストロークでとらえた水の重さを利用するのと同じく、キックでも水の重さを利用し体を持ち上げています。よく水球やシンクロナイズドで水を蹴って水面上へ飛び上がる際に、足で水の壁を蹴る感覚があると言いますが、それと似た感覚かもしれません(長距離バタフライは水球ほど激しくはないですが)。

 人それぞれのタイミングで良いと思いますが、私の場合はストロークが胸の辺りの時に第2キックが開始します。ストロークがフィニッシュの局面になる時に、第2キックがちょうど終わる…というタイミングで泳いでいます。上記にもあるように、ストロークとキックでしっかりと水をとらえますが、その重い水をとらえる瞬間が同時のタイミングになるように意識しています。手と足が同じタイミングで水をとらえることが出来るとより楽に体を持ち上げることができます(下図)。

   

バタフライ 長距離・長時間 〜日記13〜

④リズムについて
〜その2〜

○キック 

 第1キック・第2キックのどちらかのみをキックし泳ぐ、あるいはどちらもキックするが弱く打つ…というのを基本的に同じリズムで行います。1ストローク2キックor1ストローク1キックが良いでしょう。1ストローク3キックはさすがに息がもたないと思いますが、個人の選択の自由でしょう。泳いでいる途中でリズムを変えるのも構わないと思いますが、短い時間でコロコロと頻繁に変えない方が良いでしょう。1ストローク2キックでどちらのキックも弱く打つがオススメです。

   

○ストローク

 25mあるいは50mでのストローク数がどれだけなのかを練習中に把握しておいたほうが良いでしょう。(以下は25mプールを想定→)25mを10ストローク以内で泳げると伸びやかな泳ぎが出来ているはずです。レース中、体力の有る・無しによってストローク数は変化しますが、自分が25mを何々ストロークで泳ぐのが理想なのかを把握しておいたほうが良いでしょう。練習中・レース中など時折ストローク数を数えてみて、その結果によってフォームの崩れがないかをチェックできます。キャッチ・プル・プッシュ・リカバリーなど、どの局面でもゆっくりな動きが理想です。ゆっくりとストロークが出来ていれば脱力できている、あるいは水をとらえている証拠です。

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

バタフライ 長距離・長時間 〜日記12〜

④リズムについて
〜その1〜

 キック・ストローク・呼吸など全ての動作を常に一定のリズムで泳ぐのが長時間水泳に向いています。また、スピードを上げたい時はゆっくりと徐々にスピードを上げるようにしましょう。例えば50mラップタイムを1周ごとに1秒ずつ上げていきます。ちょっと煩わしいかもしれませんが、長い時間を泳ぐことを考えたらコチラのほうが楽に泳げます。

○呼吸

 息継ぎは、毎回呼吸にしましょう。グライドを長めにとりますので、息継ぎを1回飛ばすと息が続かなくなります。

 ターン後の動作も同じく、ドルフィンキックはあまりしない方をお薦めします。キックがとても得意な方は別としてターン後のドルフィンキックをすると体力を消耗しやすいですし、呼吸のリズムも崩れてしまいます。ターン後は、けのびで5m程進んでから再び泳ぎだしましょう。

 長時間泳いでいると必ずと言って良いほど水を飲みます(私が下手なのか・・・あるいは集中力が途切れるのか・・・^^;)。それは隣の泳者からの波が原因の時もありますし、“エコな”泳ぎを心がけていつも水面ギリギリで呼吸するのも要因となります。その様な時も常に冷静でいることが肝心です。慌てず自分の呼吸リズムを取り戻すことに集中しましょう。もちろんそこで止まってしまうと終わってしまいますので(長距離or長時間レースのルールにもよりますが…)、常に変わらない気持ちと冷静さが大切です。汚い話かもしれませんが、万が一水を飲み込んでしまったらグライド中に水の中で咳をするように気管から水を出します。この時は吐く息の量が増えますが仕方の無いことでしょう。我慢をして元の呼吸リズムに戻しましょう。状況に応じた対応をとる事が一番です。

バタフライ 長距離・長時間 〜日記11〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

③息継ぎ

  

 通常息継ぎの際はアゴを少し前方に突き出すと息継ぎがしやすいですが(図1)、長時間にわたってこの息継ぎをすると、とてつもなく首が痛くなります(頭痛も併発!☆)。通常の生活にも影響を及ぼす程の痛みになります。息継ぎの時も含め首の動作は楽なポジションをできるだけキープします。軽くアゴを引き、息継ぎの際も前方を見ずやや斜め下の水面を見るようにしながら息継ぎをするのがよいでしょう(図2)。

 泳いでいる間に状況に応じ首の角度を変えても構いません。アゴを引き気味にして息つぎをするのは、水を飲んでしまうリスクがつきまといます。波が高く、空気を吸っている途中に水がかかった場合は無理にそれ以上息を吸わず(水が喉に到着する前に吸うのを止める)、顔をつけた時に水の中で口に入った水を吐き出します。次の呼吸の際に確実に息を吸う様にすれば(アゴを少し前方に突き出すように息継ぎ・・・図1)リズムも崩しにくいでしょう。

*基本的に図2の息つぎで、後は状況に応じたフォームで泳ぎましょう。

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

バタフライ 長距離・長時間 〜日記10〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

○第2キック

 第1キックの項目で第2キックを打つ前は足を水面近くにキープすることが大事と記しましたが、第2キックはその水面近くからやや深めに向かって通常よりも大きめのキック幅で行います。この水面近くからやや深めまでのキック動作を利用しながら上半身を水面上に持ち上げます(シーソーのイメージ)。競泳では、第2キックを「小さく鋭くキックする」と広く言われていると思いますが、長時間ゆっくりと泳ぐ際には「大きくゆっくり深くまで」を意識して蹴り下ろします。第1キック時に頭を水中深くまで入れると重心移動を意識しやすくなり、腰も水面上に上がりやすくなりますが、第2キックはその反対で足を水中深めまでキックすることによって上半身が上がりやすくなります。

   

 一般的なタイミングですが…「ストロークのプッシュ・フィニッシュ動作に第2キックのタイミングを合わせる」・・・なら、第2キックは水面近くに粘り強くキープする必要があります。いわゆる”タメをつくります。特に足先を水面近くにキープさせる意識が大切になります。よくプッシュ・フィニッシュに第2キックを合わせることが大切とされていますが、長時間バタフライではそこまで意識しすぎなくても良いかもしれません。ストロークの中盤辺りに第2キック開始のタイミングが合っているとそれで充分と言えると思います。

   

 楽なリカバリー動作に移るにはもっと大切な事があると思います。それは、足でしっかり水をとらえることです。ストロークで水をとらえる時に強引にガッと素早い動きをすると、水をうまくとらえることができません。長時間バタフライの第2キックも同じ考えを用いて動作します。膝先・足の甲で水の重さを感じながら蹴り始めはゆったりとした動きをします。膝先から足の甲で“水の塊”をとらえていることをイメージし、その重い水の塊を利用して上半身を持ち上げます。ストロークで腕にあたる水の重さを、キックでも同様に水の重さを利用すると少ない力で上半身を持ち上げる事が出来、楽なリカバリー動作へ移ることができます(下図)。このことを踏まえると長時間バタフライではフィニッシュと第2キックのタイミングが最重要ではなく、しっかりと水をとらえることが重要だとわかると思います。

   

 長時間バタフライに適しているタイミングは重い水の塊(重さ)をとらえたとき、つまりプル(胸の辺り)と第2キックの蹴り始めを合わせたほうがより楽に上半身を持ち上げることができ、リカバリー動作が楽に出来るのではないかと思っています。別の言い方をするとストローク・キックともに重い水をとらえてそれぞれ動作するタイミングを合わせます。

 第2キックをゆっくりと大きめの幅で行いますので、プッシュ・フィニッシュ時には第2キックの蹴り終わりになります(下図)。第2キックで唯一少し力を入れ素早い動作を行うとしたら、膝が伸びる瞬間のみです(加速度的にキックをするから)。

   

 

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 

千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム