ブログ・お知らせ

バタフライ 長距離・長時間 〜日記9〜 

②キック

〜全体のポイント〜

 強く鋭くキックをするよりも、水をグーッとらえる・・・あるいは足の甲で水をしっかりと当てるようなキックをします。1回のキックで水を長めにとらえてすぐにリリースしないイメージです。鋭くキレのあるキックはさほど必要無いです。長距離クロールと同じでキックは回数を減らすor弱く打つということが大切になってきます。私がオススメするのはキックは一般的なものと同じく、1ストローク中2回打ちますがどちらも比較的弱く打つことです。ただし、個人の泳ぎやすい方法で構いません。

 長時間バタフライでのキックの役割は、第1キックが推進・体重移動、第2キックが楽なリカバリーを行うための補助的役割(浮上の主役はストローク)と位置づけて下さい。第2キックは楽なリカバリーができていればそれ以上強く打たなくて構いません。泳いでいて少しスピードを上げたい時は第1キックを強めに行うと良いでしょう。

 

○第1キック

 ご存知の通り、入水後“うねり”を伴うキックです。強く打つ必要はありませんが、キックの最後の瞬間(膝が伸びきる瞬間)のみ足首のスナップを効かせながら若干のパワーを使い推進を得ても構いません。第1キックは前方へ体重を乗せる動作あるいはダウンキックの反動で腰が水面上に出てくるのが理想です。水面下上層で体を維持し泳ぐのが理想でしょう。 

   

 第1キック蹴り下げの時は水面上に腰が出て、蹴り上げ時は逆に腰がやや反れていきます(下図)。第1キックで蹴り上げた足がグライド中第2キックを打つ前に沈んでしまわないように注意しましょう。アップキック後すぐに足が沈んでしまうと第2キックのキック幅が狭くなってしまいます。第2キックを行う際、弱い力で体を持ち上げようとするなら、キック幅を大きくする必要があります。水面近くから水中まで足を下ろした反動で上半身が持ち上がるようなイメージです。別の言い方をすると体を反らせながらグライドをし、粘りをもたせながら両足を水面付近にキープさせ第2キックに向けての“ため”をつくります。

   

ちょうど子供の時に遊んだシーソーをイメージ出来ると思います。水面両足を維持させ(ため”動作)、第2キックを打つまで足をできるだけその水面付近の位置にキープしましょう。

 また、水没に関するルールを守って泳ぐとしたら第1キックの蹴り上げ時、水面上に足(足首から先、かかと、つま先など)を出したままその状態をキープして泳ぐのが良いでしょう。注意していただきたいのが足が水面上に出た状態から強く力を込めたキックしないことです。水面上で力を込めたキックをしてしまうと、水面をたたいてしまい派手なしぶきとは裏腹に効果的に上半身を持ち上げることができません。

 グライド中うねりを伴い上体が水面近くに上がってくると自然と両足が下がっていきます。両足が自然と水面下に沈んでから少しパワーをこめて第2キックを打ちましょう。弱くキックを打つ・・・あるいは、徐々にパワーを加えて加速度的にキックを打つと水をとらえしっかりと蹴りこむことが出来るでしょう。

 少しスピードを上げて泳ぐ時以外、キックは泳ぎのなかの補助動作だと位置づけておきましょう。基本的に推進は、入水しグライドに移った時の重心移動を利用します。『イルカとび』と同じ要領です。息継ぎの時、顔を水面上へ出し、足が下がっていますので重心は後ろへ移動します(次回記事上図)。入水しグライドに移った時に腰が水面に上がって前のめりになることで重心が前に移動します(一番上の図)。その重心の移動・体重を利用して前に進みましょう。

 

 

 

 

単発受講生空き状況 定期受講生振替日

単発受講生空き状況・定期受講生振替空き状況についてですが、今後固定ページに掲載いたします。

次月予約に向けて毎月20日頃掲載いたします。

現在、定期受講生増加により単発受講生の受け入れ枠が減少しております。皆様にはご不便をおかけいたしますが、今後ともよろしくお願い致します。

○スマホの方は「メニュー」→「空き状況」へ(受講希望の月を選択)

○パソコンの方は固定欄からクリックしてください。
(パソコンの表示)

バタフライ 長距離・長時間 〜日記8〜 

○入水

  

 肩の延長線上に指先(中指・人差し指)から入水するのが良いでしょう。もちろん大きなしぶきを立てながら入水するのは良くありませんが、スピードは意識しなくても良いですので多少しぶきが立つくらいは気にしなくても構いません。勢い良く入水するよりも、前方の水面にやさしく手のひらを置き、そこから体重を乗せるような意識を持ちましょう。

 

○グライド

 疲れていない時に限りますが、一番気持ちの良い局面です。イメージはイルカ飛び!!
 キャッチ〜リカバリーが前進するための準備局面だとしたら、グライドはその動作を充分に活かす局面です。自転車で坂道を苦労して上ると、下りは自転車をこがなくても気持ちよく前に進むことができます。グライドはまさに坂道の下りの部分にあたります。

 入水したら、前方遠くの水をつかむイメージで肘を伸ばし、ストレッチをするかのように体をグーッと伸ばします。うねりは少し大きめに行いますので、深めに潜ったら前方やや上の方に向かって上がっていきます(上図)。呼吸に無理の無い程度、長めにグライドをしましょう。ただ、呼吸はリズムが肝心ですから必要以上のグライドは逆効果です。水温が低いところで泳ぐ場合は、グライドを長くしすぎると体温の低下につながりますので注意が必要です。
*競泳では体の完全水没に注意。

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

バタフライ 長距離・長時間 〜日記7〜 

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○リカバリー

 プルの段階で肩が徐々に水面上へ上がってき、プッシュ→フィニッシュ→リカバリーときますが、必ず肩が上がってから腕を水面上へ出すことを意識します(前回記事参照)。一般的には水面に対し低く水平に腕を戻すのが理想とされていますが、オデコの上に向かって弧を描くように戻しても構いません。人によってはコチラのほうが楽に感じる方もいると思います。特に手首から先を脱力してリカバリーをしましょう。

 親指を下に向け手の甲が前方に向いた状態でリカバリーすると(下図)、腕をひねる動作が必要になり肩に負担となります。

  

 長時間・長距離バタフライでは親指は前方(手の甲は真上に)に向けると良いでしょう(下図)。しっかりと掻けていれば、意識して素早く戻す必要はありません。肩の柔軟性がある方の方が楽にリカバリーが出来ます。フィニッシュ後にフッと脱力してリカバリーをしましょう。

  

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

バタフライ 長距離・長時間 〜日記6〜 

○プッシュ

  

  体を持ち上げるにはキャッチ・プルが重要と前回までの記事にありますが、プッシュはそのフォロー(ダメ押し)を行うイメージを持って行います。真っ直ぐに水を押しこむのではなく、お腹や腰の辺りから“ハの字”を描くように斜めに水を払います(図Y)。肘が伸びきるまで最後まで払い切りましょう。

○フィニッシュ〜抜き上げ

 この局面では、次のリカバリー動作につなげることが重要になりますので、頑張って水を押しこむことは意識しません。また、ここまで水をとらえてしっかりと掻けていると、プッシュまでで肩が水面上に上がった状態になっています。

  

 フィニッシュ〜抜き上げではプル〜プッシュまでに水面上に上がった肩をなるべく沈めないように意識します。

 プッシュまでにせっかく水面上に上げた肩がフィニッシュ〜抜き上げで再び水没していまい、結果としてリカバリーで水を引きずってしまうというのを頻繁に見かけます(*1)。リカバリーの際に水を引きずると、とんでもない抵抗を受けシンドイだけのバタフライになりますね。

 このような悲劇にならないためにも両手の位置が水面近くにくるようプッシュ・フィニッシュ動作を行って下さい。このようにフィニッシュ後両手の位置が水面近くにあると、たくさん掻き上げないで済む分、その後の抜き上げがスムーズに行えます。反対にフィニッシュ時両手の位置が水面下深い位置にあると、抜き上げの際に水を下方から上方に掻きあげるカタチとなり、その反動で体が沈んでしまいます(*2)。また、せっかく水面上に上がってきた体が沈まないよう、小指から抜きあげましょう(図X)

*1 考え方はクロールと同様、よほど肩関節が柔らかくない限り肩が水没すれば腕も水面上にあがりません。

*2 基本的に水を送った方向とは反対方向に体が動きます。クロールでは後方に掻くと体が前に進みますね。スカーリング等で前方に水を送り体をバック・後進させて遊んだ事はありませんか? これも同じ理屈です。抜き上げ時、腕を水面下深いところから水面上に動かすと体が反対方向に動きやすくなる・・・つまり沈みやすくなります。この沈みを抑えるためにフィニッシュ時には両手の位置が水面近くにあるのがベターです。掻き上げてしまう動作が少なくなる分、体の沈みも抑えることが出来ますね。

 

 

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム