25mの習得機会を逃した方に向けて、3か月チャレンジ

(注)以下内容は2022年の新規定期レッスン受講希望者(小学5・6年,中学生)へのご案内となります。

コロナ禍における水泳授業時間数の減少によりクロール25mの習得機会を逃した方がいらっしゃるかと思います。そのような方々を対象に私千葉が短期間でクロール25m習得出来るようサポート致します。

今現在(月)(水)(木)定期レッスンコースは「におの浜ふれあいスポーツセンター(大津市)」にて活動しております。いずれも19:40~定期レッスン枠の空きがございます。

上記枠にて受講いただければ3か月程度で初めてのクロール25mを達成できるかと思います。習得期間はあくまでも予想ですが、この機会にいかがでしょうか?
*ご兄弟やお友達同士での参加も可能ですが、短期習得狙いの場合はお一人での参加(定期マンツーマンレッスン)を推奨します。
*月数回の単発レッスンコースもございますが、毎月の受講回数が少ない場合は習得までに時間がかかる場合がございます。
*対象は小学5・6年,中学生です。

私千葉は今年に入って新小6,新中1のお子さん数名のレッスンを行いました。いずれもレッスン3回以内で初めての25mを達成しました。

過去にスイミングスクールの短期教室に1度でも参加したことがある,他のスポーツの習い事をしているなどの経験をお持ちの場合は短期習得を狙えます。ですが、全くそのような経験が無い・体が硬くて沈みやすい・学校の先生の話を集中して聞いて行動出来ない…というお子さんはレッスン数10回以上は必要になってくる可能性もございます。

他に注意点がございます。これはあくまでも初めての25m達成であって、「安定して泳げる」「ラクに泳げる」「キレイに泳げる」ということではありません。やはり物事の習得・上達には時間を費やした“継続”が必要になってきます。初めての25mというのはぎこちないオヨギだったり、苦しいオヨギになります。人に見られても恥ずかしくないオヨギやラクなオヨギというのは当教室の在籍生のように小学低学年のうちからコツコツと練習を続ける必要があります。

3か月チャレンジはあくまでも学校の授業に困らないように・楽しくプールの授業が受けられるように…という目的に限ります。また、短期間での習得を狙うわけですからご自宅での簡単な自主練も必要になります。練習内容は1回目のレッスンでお伝えします。お風呂での呼吸練習や当教室の動画教材を用いた陸上練習です。毎日10分程度の自主練内容になります。


~当教室の活動プールに関して~

京都市のラクトスポーツプラザ無期限休止を受けて、現在(水)(木)とにおの浜ふれあいスポーツセンタープールにて活動しております。あくまでも一時的措置となりますので、再開後は(水)(木)を京都市ラクトでの活動に戻す予定です。

(水)(木)に関しては“におの浜プール”で活動できる期間は長くはありませんが、数か月でクロール25m習得したい方はこの期間に挑戦をお待ちしております。


■現在の定期レッスンコースの空き■
・定期レッスンコースの空き状況→こちら
・小学高学年の水泳克服体験談「水泳嫌いの小4が5か月でクロール1000m達成した軌跡」→こちら

*対応講師は千葉となります。


○受講回数予測は以下です。

条件にもよりますが、小4スタートでクロール25m習得までの受講合計回数は1〜10回が目安です。
下記の条件を多く満たしているほど受講回数は少なくなり、条件を満たす項目が少なすぎる場合や特性をお持ちのお子さんは10回を超える場合がございます。
(「+平泳ぎ」となると受講回数はさらに必要になります。)

□定期的にスポーツ・運動している
□学校の休み時間は外で体を動かして遊ぶことが多い
□学校や習い事の先生の話をしっかり聞き理解して行動することが出来る
適度な素直さがあり、考える力がある
□けのびバタ足を10秒間息継ぎ無しで出来る
面付きクロールを7mほど泳げる
□毎日10分ほどの自主練(陸上練習)を継続することが出来る(自主練内容については講師がレッスンで説明します)
□適度な皮下脂肪(筋肉質ではない)があってそれなりに浮きやすい
□何かを意識(考え)しながら行動・運動することが出来る

*いくつ当てはまりましたか?
条件を多く満たしているほど受講回数は少なくなると予想されます。
(上記はコロナ騒動前に作成したものですので、2020年・2021年ともに充分な学校水泳授業が実施されていない場合は受講回数が多くなる可能性もございます)

!ご注意!
高学年からのクロール習得において競技歴が短いうちは、どこかぎこちない泳ぎになる場合もございます(左右の腕の動きが左右非対称・腕を回すリズムが不安定・力頼りのオヨギになりがち…など)。学校水泳に困らないレベルで泳げるようになりたいという目的の方でしたら小学高学年からの習得でも問題ないでしょう。上記の「どこかぎこちない泳ぎ」を改善するには訓練を行う時間が必要になります。これは勉強や他の習い事でも同じ事が言えるでしょう。


お問合せ→こちら

水泳の個別指導,マンツーマン,少人数レッスン,
京都,滋賀
千葉隆礼