水泳克服体験談 第4回

R.Tくん

最初習う時 僕は8mしか泳げませんでした。僕が習い始めたのは、5月だったので学校の水泳までには間に合ってほしくて習いました。

僕は息継ぎをがんばりました。息継ぎは途中で鼻に水が入ったり、口をあけたら水が入ったりしたので、力をぬいて体をうかして息をしたらできたので、力をぬく練習をすればいいと思います。泳げた時は、すごくうれしかったです。

5年生6年生になって周りがうまくなって自分が25mを泳げなくても焦らず練習したり、先生から教えてもらえばいいと思います。そのおかげでテストで25m泳げました。

 

 

千葉より

 レッスン前に自主練もしておられ、それが習得の大きな役割となったのではないでしょうか。確かに力が抜けてきてからは25mを安定して泳げるようになったと思います。息継ぎも失敗しなくなったのではないでしょうか?テストにも間に合って良かったですね。感動のドラマがあったのではないでしょうか?

 コツコツと続けて今では平泳ぎも泳げてきましたね。その調子で頑張っていきましょうね。これからもよろしくお願い致します。

水泳克服体験談 第3回

IYくん

僕はこの教室に通うまではクロールが5mほどしか泳げず学校でもかろうじてけのびくらいしか出来ませんでした。初めのうちはプールで泳ぐのが不安で本当にあのクロールが泳げるようになるのだろうかという気持ちでいっぱいでした。しかし、千葉先生が手の動かし方や息つぎの仕方などをていねいに教えてくださったのでしだいにプールを見ても不安がないどころかプールに行くのが楽しくなるようになりました。それから4ヶ月ほど練習を重ね夏の水泳記録会でクロール50m(直線)を泳ぎきることが出来ました。泳げなくて困っている人たちもこのスクールに来てみて下さい。泳げるようになりたいと思って努力すれば泳げるようになります。

 

 

 

千葉より

 最初の頃は 息つぎの時に頭があがり、呼気吸気のバランスも悪く苦しそうでしたね。ただ、なんとか12m以上は泳げていたように思いますよ。横向きのバランス感覚や呼吸を中心に練習したのを覚えております。腕の掻き方はそこまで悪くなかったですし、何より「体は浮くんだ」ということを体感しながら練習したようにおもいます。1本泳ぎ、立った状態で腕の回し方,息つぎの動作を自分で確認し再び泳ぎ出す・・・そしてまた1本泳いでは立った状態で腕の回し方,息つぎの動作を確認しまた泳ぐ・・・そんなことをご自分で考えて練習されていましたね。妹さんにアドバイスを送りながら横目でチラと見ておりましたよ♪

 25m以上を初めて泳いだあの日・・・いきなり125mを泳いだのでビックリしました。夏の水泳記録会は京都の大きなプールで泳ぎ、写真の様子からもドラマを感じ取ることが出来ました。その後、卒業までに平泳ぎも泳げるようになって良かったですね♪

水泳克服体験談 第2回

小学生高学年の水泳体験を子供たちが書いてくれました。特に、水泳嫌いで悩んでおられる小学5.6年生の方へ、この克服体験を読んで少しでも勇気を持ってもらえたら・・・と思います。全ては「やってみなきゃわからない」ことですが、すべての人間が泳げるように・・・と思って活動しております。

A・Tくん

僕が泳ぐ時に意識している事、それは、「根性」です。

これは、いつも苦しくなった時に考えています。この言葉は、なかなか25mを泳げなかった時に千葉先生から「最後の5mは根性」と教わりました。そして、根性で最後の5mを泳ぎ25mを初めて泳ぐことができました。これは教室に入ってから1ヶ月ほどのできごとでした。

それから約1年水泳を続けました。それまで8mしか泳ぐことができなかったのに、クロール、平泳ぎ、背泳ぎをマスターすることができました。今年中学生になって、現在水泳の授業をしていますがとても簡単です。小学校では嫌で仕方がなかったけれど今では楽しくなりました。個人で教えてもらえるので自分の苦手なことをマスターできるのが良いと思いました。

 

 
 
 
 

 

千葉より

「根性」・・・じつは、かなり冗談交じりで言った言葉だったのですが・・・(笑)。どんな言葉が響くかわかりませんね(汗)。そうですか・・・人生初の25mは、泳ぎの「技術」はもちろん、「気持ち」も大事なのですね。両方が備わってこそ良い泳ぎとなるということでしょうか。

A・Tくんは自主練などもしていただいたようで、私との練習以外での努力が短期間での25mクリアとなったと思います。
秋以降は手を付けていなかったバタ足にも根気強く取り組んで、冬には水平姿勢がとれるようになりましたね。

正直、スポーツの精神論など古臭いものと思っていましたが、まだまだ開拓の余地があるようですね。大変勉強になりました。ありがとう♪