バタフライ 長距離・長時間 〜日記2〜

 まずはじめにバタフライに限らず長時間泳ぐ際に重要なポイントは何かと考えます。楽に長時間クロールを泳ぐ際に大切な事は、ストリームラインを保ちながらキックをあまり打たない、あるいは強く打たない事ですね。…つまりストローク主体の泳ぎをすることです。同様に長時間バタフライも同じことが言えます。
もちろん、みなさんもお察しの通りバタフライは水面上に腕を上げてリカバリーするのが、しんどい要因の1つですね。いかにして楽に腕を水面上に上げてリカバリーをするか・・・これはキックの強さや回数を工夫するかが主な焦点になってくると思います。私の場合は、上記とグライド(うねり具合)を意識しながら泳いでいます。
*競泳競技規則に則って泳ぐには体の水没に関する規則があるため注意が必要。

              (写真はイメージです)

 バタフライを楽に泳ぐために必要なことは、ストロークやキックなど全ての技術を高いレベルにする必要は無いと思っています。必要なのは、すべてそれなりに…まんべんなく…基本的な動作技術を習得していることです。それに加え、ある程度のパワーと関節の柔軟性・・・なんと言っても一番重要な事は自主練習の継続です。後は、より楽に泳ぐためにフォーム等を考えながら泳ぐ事が出来る理屈っぽさもあると良いかもしれません。あれこれ申し上げ、内容もザックリしていますが、突出したパワーが必要というのではなく能力のバランスの良さが大切と思っています。

 長時間バタフライを泳ぐと、特に肩・背中・肩甲骨周り・首…が筋肉痛のように痛くなりました。胸筋や二の腕あたりも痛くなりましたが、やはり先ほど挙げた肩まわりから背中が主として痛くなり、常にどのように泳いだらそれらへの影響を少なく出来るだろうと考えて練習しています。のちに、自分なりに工夫したフォームについてもお話させて頂きます。練習後に自分で背中に湿布を貼るのがどれほど大変だったか…。

次回に続きます。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀 
千葉隆礼
○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

記事修正2020・8・26