バタフライ 長距離・長時間 〜日記1〜

京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスンを承っております。
日本体育協会 水泳指導員 千葉隆礼(ちばたかなり)のブログページです。

○レッスンのお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
○教室の過去記録→コチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  今回から『バタフライ 長距離・長時間 〜体験日記〜』のお話をさせて頂きますが、タイムを縮めながら長距離を泳ぐのではなく、スピードがゆっくりでも良いので長い時間を泳ぎきるという泳ぎの内容になります。また、日記と題記しましたが、私が20代中盤に楽なバタフライ(いわゆるグライドバタフライ?どんぶらこバタフライ?)習得を目指して練習したお話・・・あくまでも体験談でございます。柔軟性・筋力・運動神経・体の浮きやすさ沈みやすさ・・・等は人それぞれに違いがありますので、これから記します内容が必ずしも全ての人に当てはまるわけではないという事を踏まえたう上でご覧ください。楽なバタフライ習得を目指しておられる方にほんのわずかでもご参考・共感になれば大変幸甚です。


 まるでジョギングをしているかのように、ラク~に長い時間バタフライを泳げるなんてとても気持ちの良いことだと思いませんか?この連載での「長い時間」とは、20分以上〜数時間を意味しています。何m泳げたかはあまり追求していません。あくまで何分・何時間連続で泳げたかです。もちろん高みを目指すならスピードを追求しても良いと思いますが、まずは“ジョギングをしているかのようにラクに泳ぐ”そうするとシンドイはずのバタフライを少しは好きになると思います。

 筆者は現在、京都・滋賀を中心に水泳の個人レッスン・グループレッスン教室の活動を生業にしておりますが、過去はスイミングスクールの指導員でした。その指導員時代にこの記事の内容をプリントにして生徒さんに配布したことがあります。その過去のプリント内容に現在の私の考え方を少しトッピング・アレンジして記していきます。(4泳法についての文献はたくさん市販されているのでそちらを参考にして下さい。)

 バタフライの基礎については市販の本をご参考下さい。このブログ記事はバタフライを力づくで2550m程泳げる方に読んでいただくのがベターだと思います。この記事は、バタフライ「1からの習得」を目指しておられる方にはマッチングしない?と思われます。

   

 これから連載させていただくことは上記のとおり、長時間・長距離バタフライにおける私個人の体験に基づく考察や泳ぎ方を記していますので、必ずしも一般的な競泳の泳ぎではなかったり、全てのスイマーが参考に出来るような内容では無いと思います。記事内容はこれからも自分のなかで理屈等が変化しうることなので、それらを踏まえてご覧いただきたいと思います。「この人はこんな考えを持っているんだな〜」ぐらいに思って、内容を右から左へ受け流す気持ちで読んでいただければありがたいです。

※ゆっくりと泳ぐフォームと競泳のフォームとは違う所があるということを踏まえた上で読んでくださいね。

次回に続きます。

水泳の個人レッスン・グループレッスン 京都・滋賀
千葉隆礼

記事修正2020・8・26